名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

織田信長『必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。』

織田信長


日本武将 織田信長画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人生、世の中が『無限』だとしたら、人々はどれだけ『本気』になれるだろうか。極めて思慮浅く考えればこうなる。『不老不死を手に入れた』と。『死ななくて済む』と。

 

私も小学生の頃はそう考えただろう。だが、思慮を深く巡らせると、違う見解が出て来る。例えば、 『夜空に舞い散る大花火は、年に一度だからあれほど人々の心を動かすのだ』とういこと。あるいは、『大好きな高級焼肉も、毎日食べれるとなると味が落ちていく』ということ。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    織田信長の言葉を自分のものにする



    ドイツの小説家、トーマス・マンは言った。

    『命というものは、儚いからこそ、尊く、厳かに美しいのだ。』

     

    我々の人生は、有限なのだ。限り有る中で、制限ある中でこの命を、人生を生きている。

     

    アインシュタインは言った。

    『第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからないが、第四次世界大戦で何が使われるかはお教えできる。石だ!』

     

    もしこの世が『無限』なのであれば、別にアインシュタインが言う言葉に重みなどない。

     

    (それがどうした?別に、誰も死なないし、またやり直せる)

     

    ということになるからである。つまり、どんなに核爆弾を投下しようとも、 どんなにこの世の森羅万象を凌辱しようとも、『無限』なのだ。減らない。

     

    花を見て感動することも無いだろう。別にそれを見て、(必死に生きている)と考えることはないのだ。

     

    だとしたらトーマス・マンの言う通りだ。我々は、有限の中だからこそ、それを真剣に考え、道を踏み外さないように思索し、限り有る中で何が出来るか探求し、持てるエネルギーを最大限に引き出そうと画策し、この虚無の世界で健気に光り輝く、蛍の光となるのだ。

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    織田信長『必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。』

     

    『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。』

     

    『攻撃目標一点に行動を集約せよ。むだな事はするな。』

     

    『人間の50年の生涯は儚いものだ。死なない者は存在しない。』

     

    『その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。』

     

    『器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。』

     

    『いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である。』

     

    『組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ。』

     

    『絶対は絶対にない。』

     

    『戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。』

     



    ↑ PAGE TOP