名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

徳川家康『私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。』

徳川家康


日本武将 徳川家康画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。私が麦飯を食っているのも、少しでも節約して軍資金に回すためなのだ。』

 

キリストは言った。

キリスト

『倹約家は繁栄し、ケチは滅びる。』(超訳)

 

『生き金、死に金』である。

 

倹約家は、生き金なら使うことを惜しまないが、死に金には1円たりとも使うことはない。 ケチは、生き金も死に金も使わない。いや、使えないのだ。お金に支配されているからである。

 

お金の使い方は3つしかない。

 

浪費、消費、投資

 

の3つである。

 

つまり倹約家は、それらの違いを熟知している。従って、回すところには回し、抑えるところは抑えることが出来るのだ。

 

倹約家

 

そもそも『麦飯』は身体に良い。だとしたらこの行為すら、これは投資なのである。投資と浪費の感覚を見極めた人間は、無意識にでもリソース(ヒト、モノ、カネ)、時間の最適化が出来るようになる。

 

現代の経営の神、稲盛和夫は、寄付するときは20億円という大金をどーんと使うが、10円の焼き栗を、10円以外の金額で買おうとすることは決してない。

 

たとえ1円という単位の金額でも隙を見せない。こういう一分の隙も無い人間でなければ、この世の大海原という名の海水を油断と隙という脇の甘さから侵入させ、船を沈没させてしまうだろう。

 

沈没

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

徳川家康『私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。』

 

『はじめから主君に楯突こうと思っている者はいない。思い上がりと、恨みと、それから生じる欲心が謀反を起こさせるのだ。』

 

『一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ」を見て、敵などに勝てるものではない。』

 

『諸人の頭などをするいまどきの者で、軍略を立てて床几に腰をかけ、采配を持つ手さえ汚さずに、口先だけで戦に勝てるものと心得ているのは、とんだ考え違いだ。』

 

『多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。』

 

『決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。』

 

『天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。』

 

『重荷が人をつくるのじゃぞ。身軽足軽では人は出来ぬ。』

 

『最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。』

 

『敵だというのも自制心を忘れた怒りである。』

 

『真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。』

 



↑ PAGE TOP