Contents|目次

ハインリッヒ・ハイネ『少しの悲しみもない純粋な幸福なんて、めったにあるものではない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

例えば、飲み物を飲んだとする。喉が渇いていたのだ。だからとても幸せだった。枯渇していたメーターが、満タンになった気分だ。最初に『枯渇』という忍耐があることによって、そこで放出されるドーパミン(報酬系物質)は、通常時よりも遥かに多い量だったわけだ。

 

 

ではこの時、何か『悲しみ』的な要素があっただろうか。別に、ただ喉が渇いていただけで、子供の頃なんて本当に単純に、そうして枯渇しては満たされ、を繰り返し、一喜一憂しているはずである。

 

しかし、もしこの最初の『枯渇』のことを『悲しみ』だというのであれば、確かに人は幸福を覚える前に、一度何かを損失し、あるいは忍耐していることが多い。食事、SEX、睡眠、再会、突破、解決、結婚、出産、そのどれもこれもが、そこに到達するまでに、何らかの『負荷』を自分に与えている。それを打破し、解決し、突破し、乗り越えた先にあるのが『幸福感』という印象なのだ。

 

またあるいは、『勝利した喜び』を覚えるというとき、だとすると、どこかに『敗北した屈辱』を覚えている人や企業がいるわけだ。そう考えると、人間が覚える幸福というものは、何かしらの負の力と密接していて、ハイネの言う通りだ。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ジョン・ドライデン『死人に口なし。』 キャスリーン・ノリス『人生は思ったほど困難ではない。どうしようもないことを受け入れ、必要不可欠なものをなしですませ、耐えがたいことを耐えるだけでいい。』 サアディー『女は男の抱擁にて満たされぬとき、平和のうちにありても争い多し。』

 

関連する『黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧