名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ゲーテ『芸術家は内面から制作に向かわなければならない。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人間は内面から生きなければならない。芸術家は内面から制作に向かわなければならない。人間も芸術家も、たとえどのように振舞おうと自分の個性を打ち出してゆく他はない。そういう気持ちで元気いっぱい仕事にかかるならば、間違いなく彼は自分の生命の価値を自然から与えられ高邁さ、または優雅さを表出することとなる。』

 

価値

 

高邁(こうまい)』とは、洗練された、研ぎ澄まされた、等という意味である。

 

スティーブ・ジョブズは、

『抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。』

 

と言ったが、これを聞いたとき思い出すのは、将棋界の天才、羽生善治の、著書決断力』のこの一文だ。

 

-----------▼

 

『直観力が重要だ。勝負をしていると、そこに差すべきだ、と、駒が光って見えるときがある。これはスポーツマンにもあるらしい。ある瞬間道が光ったように見えて、導かれた。そこからゴールを決めたというのだ。直観力というのは、単なる偶然、運任せではない。今まで積み上げ、蓄積してきた経験が、無意識に自分に活路を教えてくれるのだ。』


-----------▲

 

つまり、自分では『直感』だと思っていることは、実は蓄積してきた経験が導いたものであり、それが導き出す答えとは、=合理的なのである。

 

例えばそのスポーツマンで言えば、何度となく、実に何度となく練習と経験を積み重ね、その方向に走って、そこからシュートすることで、極めて高い確率で、ゴールしてきている、という合理的な決断を、瞬間的にはじき出したのである。

 

スポーツマン

 

そう考えると、あらゆるシーンでの『表現者』とは、その『表現』する内容はまさに、『内面』の蓄積が成すものだということを知り、内面に目を向ける時間を強化することになるはずである。

 

例えばこのサイトに書いている私の記事も、私の内面を率直に表面化したものだ。類稀な人生を生きている私だが、その奇想天外な人生は『見世物』としては人々にそれなりの価値を見出す。

 

連絡先を公開していないのにも関わらず自力で手段を見つけてきて、私にわざわざお礼の報告をしてくれる読者もいる。誠に有り難い次第である。そうして一人にでも光を与えることができたなら、 私の奇天烈な人生も決して無駄ではない。

 

幾多もの重ねてきた葛藤も、傷ついた出来事も含めた波乱に満ちたこれまでの半生も、これからの半生も全て、無駄ではないのだ。

 

半生

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『芸術家は内面から制作に向かわなければならない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『愛する人の欠点を美点と思わない人間は、その人を愛しているのではない。』

 

『人はほとんど知らない時にのみ知っている。知識とともに疑いが強まるのだから。何でも知らないことが必要で、知っていることは役に立たない。』

 

『才能は静けさの中でつくられ、性格は世の荒波の中でつくられる。』

 

『天才も不滅ではないということほど、凡人にとって慰めになることはない。』

 

『身分不相応の生活をする者は、ぼろが出る。』

 

『人生は、愚者には困難に見えるとき賢者には容易に見え、愚者に容易に見えるとき賢者には困難に見える。』

 

『真理はたいまつだ。しかも、巨大なたいまつだ。だから私たちは、みんな目を細めてそのそばを通り過ぎようとする。火傷することを恐れさえして。』

 

『我々の犯す一つの大きな間違いは、原因を結果の間近にあると考えることにある。』

 

『お前の本当の腹底から出たものでなければ、人を心から動かすことは断じてできない。』

 

『人が旅をするのは目的地に到着するためではなく、旅をするためである。』

 

『人間の最大の価値は、人間が外界の事情にできるだけ左右されず、外界をできるだけ左右するところにある。』

 

『若くして求めれば、老いて豊かである。』

 

『よその国から種を取り寄せ、それを選抜し、蒔くのに時をかける注意深い園芸家であるのは屈辱的なことであろうか。』

 



↑ PAGE TOP