『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ゲーテ『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。詩の言葉をあやつることがいくらか容易になっても、それに伴って、内容にますます重さを加えるべきことを忘れてはならないからです。詩の内容は、自分の生命の内容に他ならないのです。』

 

表層ではなく、内面に目を向けるべきだということだ。外に答はない、あるのは心の中なのである。外ではなく、”内”を観ることができるかどうか、問われているのだ。

 

フランスの哲学者、パスカルは言う。

 

ブッダも、

ブッダ

 

という様な内容の話をし、内に心を向けることを強く強く説いた。

 

内に心

 

宮沢賢治も、

 

と言ったが、『四人の教師』にもこうあるように、

人の心を本当に動かすにはその人の体験から滲み出る行いと言葉しかない。知識だけでは人は共感を感じないからだ。

 

自分の言葉に『言霊』を宿す為にも、説得者要因を磨かなければならない。

 

『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。

 

この言葉は永久に存在し続けるだろう。なぜかというと、この言葉が真理を突いているからだ。まずは今言ったように、ブッダらも観た『内面の景色』があまりにも重要ということ。そして、『若い人たち』というのは恒久的に、自己省察に重きを置くことはできないからである。

 

自己省察

 

ブッダの生きた時代も、ゲーテの生きた時代も、私の生きている時代も、そしてこれから先未来永劫、人間がそこにいる限り、この言葉は断固として存在感を失うことはないのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧