『ヒト』を最適化しよう。

ゲーテ『本当の自由な心とは「認める」ということである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

逆に、『認められない』という人の心を覗いた時、その心は見えない鎖でがんじがらめになっている。あれもダメ。これもダメ。全て自分の許容範囲の中で動いてもらわないと気が済まず、ちょっとでも気に食わなければ、『思い通りにならない』と言ってイライラする。こうした人間が『自由』かどうか、考えてみればわかることである。

 

よく、『器が大きい人』の定義は、『鈍感な人』だと言う。私はそれが少し気に入らないが、この時点で私は既に『器が小さい』のである。本当に器が大きい人は、別に何にも気にならない。だからそういう人はまず間違いなく争いを起こさない。『気に入らない』とか、そういうことを言わない。『鈍感』というのはあえて悪く言っているのであって、良く言うとそれは『器が大きい』ということになるのだ。

 

『ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯』にはこうある。

人間は生まれながらにして自由ではなく、自由になっていくのだということを主張している点で、ソクラテスブッダイエスは一致している。人間は無知から脱却することによって、真実と虚偽、善と悪、正義と不正を区別することを学ぶことによって自由になる。自らを知り、自制心を持ち、分別を持って振る舞うことを学ぶことによって自由になる。

 

視野の広い深遠な知識を得て、無知から脱却し、この世に真の自由を見出す時、それは、この世の一切の森羅万象の存在を認めた時である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

ゲーテの名言・格言一覧