名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ニーチェ『愛せなければ通過せよ。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ニーチェはこうも言う。

『毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も無駄になるおそれがある。』

 

キリストは、

『あなたの敵を愛しなさい。』

 

と言い、いや確かにその博愛精神は、人として最も高潔な姿だ。マザー・テレサもこう言っている

『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

 

愛の力は、甚大だ。小さな愛が、大きな愛となり、この虚無な人生に一片の光を当てる。だが、罪のない自分の子供を無残に殺されたとき、それでもその相手を愛することが出来るだろうか

 

もちろん、愛さなければ(赦さなければ)ならない。だが、赦される罪と、許されない罪があるのだ。

 

関連リンク:ネプチューン国王『我が妻を殺した者を…!!! なぜブチ殺してはならんのか!!!わしには到底わからんのじゃもん!!!!』

 

罪

 

例えば我々は、廃棄物や排泄物、あるいは人間に害を与える害虫や、毒を持った生き物などと一緒に生きていくことができるだろうか。なぜそれができないのだろうか。人間は、公明正大に物事を考える使命を背負っているはずだ。それをしないから人間本位の発想が生まれ、環境が破壊され、それによって苦しむ未来が想像できるのだ。

 

しかし、それらの『見たくないもの』は見ないようにしている。動物の肉を食べるときは、調理された『美味しそうなもの』であり、その動物を殺すシーンや映像は、見て見ぬふりをしている。見たくないからだ。かわいそうだからだ。

 

だが、いざ食卓に並べば『美味しい』と言って騒ぎ立てる。何とも滑稽で、愚かな姿である。イヌイットなどの特定の民族は、今でも自分たちで狩りをして動物を捕まえ、その命を血一滴残さないように食べつくす。命に感謝して、命を食らうのだ。彼らのような生き方は、ちゃんとある。

 

イヌイット

 

利便性が発達した先進国では、好きなものがいつでも、好きなだけ食べられる。しかし、その利便性と同時に失ったものは大きく、人間に思い上がりと過信の気持ちを植え付けさせてしまった。

 

人間はもっと慎重に、厳かにこの世を生きていくことができる。川で暮らす動物の周りに小鳥や虫たちが飛んでいるように、元々は人間のそばにも、そういう多様性があった。しかし、今ではそれらと人間とをはっきりと区別し、人間だけが絶対的な地位を保つようになった。

 

メリットもある。それは今言った利便性の充実や、医療問題などもそうである。例えば、少数民族の中には大自然の中で暮らす『人間らしい生き方』をするところがあるが、しかし彼らは動物の猛毒に侵されると、治療の手段がないから隣町で薬の調達ができなければ、そのまま息絶えてしまう。若くして命を落とすことがある。だが、都会で暮らす人々にそういうリスクはほとんどない。そういうことはある。

 

医療問題

 

だが、『では長く生きられればそれでいいのか』という問題が浮上する。動物や昆虫だって、若くして命を落とすことはまれではない。この世を生きる生命は、最初から『長く生きるため』に生きているわけではない。『生きる』ために生きているのだ。

 

ルソーは言った。

『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』

 

『生きる』とはなんだろうか。『生きながらえる』ことだろうか。『私利私欲をなるべく多く満たす』ことだろうか。

 

『愛せなければ通過せよ。』

 

我々は、今日も明日も『見たくないもの』を見て見ぬふりをし、心身の健康を第一に生きていく。それがいいのか悪いのかはわからない。だが、一つだけ言えるのは、こんなことを考えているのは人間だけだということだ。

 

ニーチェはこうも言った。

『笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。』

 

心があるゆえに人生を葛藤する人間。我々はそれなりに苦しんでいて、そして必死に生きている。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ニーチェ『愛せなければ通過せよ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。』

 

『どれほど良いことに見えても、「~のために」行うことは、卑しく貪欲なことだ。』

 

『おのれの友のうちに、おのれの最善の敵を持つべきである。君が友に敵対するとき、君の心は彼に最も近付いているのでなければならない。』

 

『一般的にいって、本当の友情は喜びと悲しみを共にすることによってのみ結ばれるものです。』

 

『君は奴隷か?それなら君は友とはなれない。君は暴君か?それなら君は、友を持てない。』

 

『自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。』

 

『あなたにとって最も人間的なこと、それは誰にも恥をかかせないことである。』

 

『もっと喜び楽しむことを学ぶこと、それこそ他人を苦しめたり、苦しめようと考えたりすることを忘れさせる最善の方法である。』

 

『私はひとりでいることにすっかり慣れ親しんでいるので、決して自分を他人と比較するようなことはせず、静かな楽しい気分で自分との対話に打ち興じ、笑いさえ交えて孤独の生活を紡ぎ続ける。』

 

『危険、偶発、悪意、悪天候に遭遇したならば、自力で切り抜けねばならない。自分の道をまさに自分のために進んでいるのだから。』

 



↑ PAGE TOP