名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『赦される罪と、許されない罪がある。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

『赦す』というのは、罪を帳消し、リセットするとか、免除するとか、やり直せるとか、そういう意味合い、つまり『愛』のような感覚である。

 

『許す』というのは、認める、承認する、良しとするなど、そういう意味合い、つまり『許可』のような感覚である。 人間には、環境の差異がある。


例えば悠々自適に生活をしてきた裕福な家庭の御曹司と、物心がついたら、家族が家で麻薬と銃を探しているような環境で生まれた人間とでは、この世を生きる価値観(パラダイム)が大きく異なる

 

例えば、下記のような
ゴア王国の貴族と娘『ねぇお父様…ゴミ山の人達は どうして人間じゃないの?』

こういう家族の下に生まれた子供なら、こういう発想をしてしまうことに、あまり悪気はない。悪気が無いなら赦されることが多い。正当防衛が罪に問われないのも、その範囲内だからだ。

 

だが、『ゴミ山』で生まれた人間からすれば、彼らの発言は決して許されることではない。 この世には、『赦される』ことと『許されない』ことがある。

 

例えば、最愛の家族を理不尽な暴漢に殺されたら?それでも、『愛』でもって、犯人のその罪は赦されるだろう。

 

だが、『許されない』。


断じて、許されない

 

 

参照:『マテオによる福音書 第12章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

キリスト『赦される罪と、許されない罪がある。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『明日は明日。今日とは全く別の世界。』

 

『強かに、計算高く、かつ無邪気であれ。』

 

『”言葉”の取扱者たる資格があるか自問せよ』

 

『偽善者の意味を知っているか?知らないで使っている人間が多いだろう。』

 

『頭の中で姦通を想像したら、それだけで罪だ。まずはそれを知っておくだけで充分。』

 

『スターリンが言った言葉は間違っている。だが、間違っているのはスターリンだけではない。』

 

『死を望むな。望まなくてもどちらにせよ死ぬ。』

 

『そもそも人間が、誓いなど出来ない。もしそれが出来ると言うのなら、偽善者である。』

 

『尊い生命を名乗るなら、それに相応しい生き方をしなければならない。』

 

『人間は恒久的に未熟だ。そのことを悟ると、見えて来るものがある。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP