名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

パスカル『些細な事が我々を慰める、些細な事が我々を苦しめるように。』

パスカル


フランス哲学者 パスカル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


イギリスの作家、ウィリアム・ヘイズリットは言った。

『何百万という人類の滅亡よりも、自分の小指のけちな痛みのほうが心配なものだ。』

 

実は人間とは、些細なことに支配されている生き物なのだ。スターリンは言った。

『一人の人間の死は悲劇だが、数百万の人間の死は統計上の数字でしかない』

 

これらを考えた時、『麻痺』というキーワードが頭に浮かんでくるだろう。

 

主婦がスーパーで1円でも安い買い物をしようとして、隣町まで車で行ってしまう人がいるが、彼女はそのガソリン代についての金銭感覚が、麻痺している。あるいは、普段そういう小銭ばかりに気を取られているせいで、旅行、車、住宅等の大きな支払いをする際に把握できず、何百、何千万円の節約ミスをしてしまうことがあるが、それもここで言う『麻痺』の一つである。

 

だがそう考えたら、我々は些細なことに支配されているんだから、些細なこと一つで、幸せになれるということでもあるのだ。

 

微笑ましい赤ん坊の笑顔や、犬や猫のほのぼのとした振る舞い。花や月、花火や季節の儚い尊さ、太陽の暖かさや、緑の美しさ。これらのことを考えただけで心を感動させることが出来るなら、あながちそれは、悪くはない。

 

緑

 

ブッダは言った

『足るを知る者は富む。例えば、水を飲むだけで人は、涙を流せる。』(超訳)

 

つまり、これは下記の黄金律である。

 

8.『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。

 

都会で水溜まりを避けて通る人がいる。それは『もちろん』、通行の邪魔だからだ。水が撥ねて洋服にかかるし、靴が汚れて靴下に染み込む。正直に言って水溜まりを見ると、(うっ)と思って、憂鬱になる。

 

だが、砂漠で遭難して自分の小便をとおに飲み干している瀕死状態の人は、水溜まりを見たとき、涙を流してその水を飲むだろう。

 

砂漠

 

『些細な事が我々を慰める、些細な事が我々を苦しめるように。』

 

水溜まりなど人生において些細なことに過ぎない。だが、その水溜まりが自分の心身を心底から潤すこともあれば、憂鬱にさせることもある。

 

そう考えると、この世に些細なことなどない。『1円を笑う者は1円に泣く』と言うが、『大したことない』と思って軽んじていることはもしかしたら『大したこと』なのかもしれない。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

パスカル『些細な事が我々を慰める、些細な事が我々を苦しめるように。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』

 

『人間は神と悪魔の間に浮遊する。』

 

『人間は一本の葦にすぎない。自然のうちで最も弱いものである。だがそれは考える葦である。』

 

『すべての人間の不幸は、部屋に一人で静かに座っていられないことに由来している。』

 

『心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている。』

 

『思考が人間の偉大さをなす。』

 

『時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである。』

 

『真理が支配しているときに平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、真理が破壊されようとしているときに平和にとどまることも、やはり、ひとつの犯罪ではないか?』

 

『知恵は知識にまさる。』

 

『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

 

『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

 

『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

 

『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

 



↑ PAGE TOP