名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ヴォルテール『時代の精神を持たぬものは、その時代のあらゆる不幸を担う。』

ヴォルテール


フランス哲学者 ヴォルテール画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


不易流行』という概念がまさにこのことの芯を捉えている。

 

一時はその技術やサービスで世を席巻したとしても、それが未来永劫続くとは限らない。その中で、柔軟な舵取りが要求されるが、それでも『信念を曲げることにはならない』というのが、この言葉の意味するところである。

 

例えば時事問題であれば、世界的企業『ソニー』の、大幅な赤字転落の背景にある問題がそうだ。井深大盛田昭夫が創業したソニーは、かつて世界を思うままに席巻した。持ち前の先見性と技術力で、時代を先どる魅力的な商品を次々と世に打ちだし、それを見事に世界市場でヒットさせたのだ。

 

その一例が『ウォークマン』である。

 

ウォークマン

 

だが今は見る影を失った。権威ある識者はそれを、『先見の明がある技術屋がいなくなったせいだ』と口を揃える。

 

ジョージ・ソロスと一緒に肩を並べた世界的投資家のジム・ロジャーズは、

『例えば今、中国でPM2.5が問題になっていますね。だとしたら、いずれ環境を整える業者が台頭することが予測できるはずだ。』

 

と言って、『流れ』を読むことのポイントを説いた。

 

最近ではデング熱問題が発覚した瞬間に、『殺虫剤の製薬会社』の株が上昇したが、時代や情勢というものは常にうねりを見せていて、まるで透明のドラゴンの様である。

 

そのドラゴンが吐く劣化の炎が持つエネルギーはすごい。その力を味方につけている間は、まるで自分が無敵状態になったような錯覚に陥る。だが、ひとたびドラゴンが去った後はそこに残るの焼け野原である。

 

『不易流行』を軽視して、いつまでも『そこ』にこだわって居座ると、ドラゴンの背に乗ることはできない。ドラゴンの動きを読むのだ。稀代の歴史的人物は皆、それが出来た人間だと言っていいだろう。

 

黄金律

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

33.『前進あるのみ。それ以外は後退だ。

停滞は後退。人は生まれた時から老化していて、この世は流動変化している。


>>続きを見る

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

 

 

ヴォルテール『時代の精神を持たぬものは、その時代のあらゆる不幸を担う。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『もし人間が完全であったら、人間は神なのだが…。』

 

『この世に運などない。全ては試練、刑罰、保証ないしは先見である。』

 

『一般常識なるものは、それほど一般的ではない。』

 

『世間を知り、世間に寛大であれ。世間を楽しむためには、世間をかすめて生きるべきだ。』

 

『人は、刃物をふりかざさなければ、この世で成功せず、しかも、死ぬときは手に武器を握って死ぬのだ。』

 

『人類のいかなる種族も倦怠な種族よりましだ。』

 

『友情は魂の結びつきである。』

 

『思考はひげのようなものである。成長するまでは生えない。』

 

『悪が物質から来るものとすれば、われわれには必要以上の物質がある。また、もし悪が精神から来るものとすれば、われわれには多過ぎるほどの精神がある。』

 

『文学は肉声の絵画である。肉声に似ているほど、その文学はすぐれている。』

 

『民衆が議論し始めると、すべてのものが失われる。』

 

『男がありとあらゆる理屈を並べても、女の一滴の涙にはかなわない。』

 

『神というものが存在しなかったら、「彼」を創造する必要があろう。』

 

『自然は人間の施す教育以上の影響力をそのうちにいだいている。』

 

『退屈な男になる秘訣はなにもかもしゃべることだ。』

 

『運命はわれわれを導き、かつまたわれわれを潮弄する。』

 



↑ PAGE TOP