『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ヴォルテール『時代の精神を持たぬものは、その時代のあらゆる不幸を担う。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

不易流行』という概念がまさにこのことの芯を捉えている。一時はその技術やサービスで世を席巻したとしても、それが未来永劫続くとは限らない。その中で、柔軟な舵取りが要求されるが、それでも『信念を曲げることにはならない』というのが、この言葉の意味するところである。例えば時事問題であれば、世界的企業『ソニー』の、大幅な赤字転落の背景にある問題がそうだ。井深大盛田昭夫が創業したソニーは、かつて世界を思うままに席巻した。持ち前の先見性と技術力で、時代を先どる魅力的な商品を次々と世に打ちだし、それを見事に世界市場でヒットさせたのだ。その一例が『ウォークマン』である。

 

ウォークマン

 

だが今は見る影を失った。権威ある識者はそれを、『先見の明がある技術屋がいなくなったせいだ』と口を揃える。

 

ジョージ・ソロスと一緒に肩を並べた世界的投資家のジム・ロジャーズは、

『例えば今、中国でPM2.5が問題になっていますね。だとしたら、いずれ環境を整える業者が台頭することが予測できるはずだ。』

 

と言って、『流れ』を読むことのポイントを説いた。最近ではデング熱問題が発覚した瞬間に、『殺虫剤の製薬会社』の株が上昇したが、時代や情勢というものは常にうねりを見せていて、まるで透明のドラゴンの様である。そのドラゴンが吐く劣化の炎が持つエネルギーはすごい。その力を味方につけている間は、まるで自分が無敵状態になったような錯覚に陥る。だが、ひとたびドラゴンが去った後はそこに残るの焼け野原である。『不易流行』を軽視して、いつまでも『そこ』にこだわって居座ると、ドラゴンの背に乗ることはできない。ドラゴンの動きを読むのだ。稀代の歴史的人物は皆、それが出来た人間だと言っていいだろう。

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』 『後始末では遅い。前始末をせよ。』

同じ人物の名言一覧