『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『赦される罪と、許されない罪がある。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

『赦す』というのは、罪を帳消し、リセットするとか、免除するとか、やり直せるとか、そういう意味合い、つまり『愛』のような感覚である。

 

『許す』というのは、認める、承認する、良しとするなど、そういう意味合い、つまり『許可』のような感覚である。 人間には、環境の差異がある。

 

例えば悠々自適に生活をしてきた裕福な家庭の御曹司と、物心がついたら、家族が家で麻薬と銃を探しているような環境で生まれた人間とでは、この世を生きる価値観(パラダイム)が大きく異なる

 

例えば、下記のような

 

 

こういう家族の下に生まれた子供なら、こういう発想をしてしまうことに、あまり悪気はない。悪気が無いなら赦されることが多い。正当防衛が罪に問われないのも、その範囲内だからだ。だが、『ゴミ山』で生まれた人間からすれば、彼らの発言は決して許されることではない。 この世には、『赦される』ことと『許されない』ことがある。

 

例えば、最愛の家族を理不尽な暴漢に殺されたら?それでも、『愛』でもって、犯人のその罪は赦されるだろう。

 

だが、『許されない』。断じて、許されない

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
マテオによる福音書 第12章。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』 『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧