『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『争いや破壊をさせるために人間をリーダーにしたのではない。-Part.2』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

震災があって、津波で大勢の人が亡くなった。彼らの命の多くは、間違いなく、清廉潔白だった。被災者も遺族も、他の人には決して理解されることのない苦しみの中で、余生を生きていくことを強いられるのである。彼らの人生に中途半端に口を出してはならない。口を出すなら、相手と同じ心の状態にまで潜って内省し、共鳴することが絶対条件だ。

 

『包帯を巻いてあげられないのなら、むやみに傷口に触れてはならない。』

by三浦綾子

 

さて、以上の事を踏まえたうえで話をしなければならない。しかし、感情的になってはならないのだ。上の話は、感情的である。当たり前だという声が聞こえる。人間なんだから、人間には感情があるんだから。しかし、『真理』の話とは、感情的に話をするものではない。これも同じように、等しく、理解するべき事柄である。

 

『創世の書 第6章』にはこうある。

『これだけの悪をなすのならば、私の手で創った人間を、この地から消し去ろう。人間ばかりではなく、空の鳥も、獣も、地を這う生き物たちをも』

そして、地を雨と洪水が襲った。

 

これをどう捉えるかは、人それぞれだ。しかし私は、その『それぞれの人々』の中にも、ある共通して絶対に伝えられるものが、この文面のエッセンス(本質)にあることに着目をしたい。それは、『人間次第で、地球は死の国にもなるし、大勢の生物の多様性を保持しながら、命を繋げ続けることもできる。』というものである。

 

戦争、核爆弾、森林破壊、環境汚染。人間が出す化学物質によってオゾン層が破壊されたら、地球は太陽の直射を浴びて死ぬだろう。そのオゾン層を創り出す森林を破壊することがどういうことか、わかるだろうか。戦争や核爆弾はどうだ。日本人は、その苦しみを、悲しみを、誰よりも深く知っていなければならないのではないだろうか。

 

アインシュタインは言った。

 

人間本位に考えると、それは当然『感情的』になる。何しろそれは、『人間目線』だ。しかし、『真理』は人間だけのものではない。全ての森羅万象にとって、平等公正なのである。そのことについて、地球のリーダーである人間は、いつだって立ち止まって考え直す必要がある。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
ヨハネによる福音書 第20章。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』 『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧