『プラトンの言葉』を自分のものにしよう!

プラトンとは(画像

古代ギリシャ哲学者。古代ギリシアの哲学者であるプラトンは、紀元前427年に生まれ、紀元前347年まで生きたとされています。彼自身も多くの人に知られていますが、ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師としても知られています。師であるソクラテスから哲学者としての姿勢を学び政治家を志しますが、民主派政権の惨状などを目の当たりにしてからは政治へ関わることを避け、哲学の追究をしていくようになりました。

 

「自分に打ち勝つこと。それが最も偉大な勝利だ。」という言葉には、人が生きていく上で何が重要なのかという意味が込められています。また「二度子供になるのは老人のみではない。酔っぱらいもしかり。」という、皮肉めいていながらもなるほどと思わされるおもしろい言葉があります。

メニュー

内省記事一覧