Contents|目次

プラトン『魂には眼がある。それによってのみ真理を見ることができる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

こういう言葉を見た時、精神未熟であればあるほど、間違いなくこの話を正確に理解できないだろう。加えて、こんな挿入画像を見て、更にその曲解が進むばかりだ。

 

 

なんかもう、『魂』とか『真理』とか、この絵もちょっと妙だし、…といった感じで、この話の意味を理解することなきまま、見なかったことにしてしまうことだろう。

 

だが、それはまるで映画を観て、そのストーリーを覚えていないのに、『その映画を観た』と言っているのと同じだ。止めた方が良い。しかし私にはそっち側の人間の気持ちがよくわかる。私にもそういう時期があったからだ。私は、『俺にもそういう時代があった』と言う人間を少年時代によく見ていて、(馬鹿じゃねえの)と思っていたクチだから、説得力があるはずだ。そんな私が言っているのだから。

 

つまりこの話はこういうことだ。『目で見るな。目とは、当然、目である。それで捉えている景色があるだろう。まずはそれでいい。それが目の役割である。

 

 

だが、その『目』で見ている景色がこの世のすべてだと思っているのなら、まずい。たとえば、酸素は目に見えるだろうか。顕微鏡でしか見えない世界はないのだろうか。だとしたら、その目だけに頼るのはまずい。ということは、何かこう、その『目』以外のものを働かせることで、見えて来るものがあるということが頭をよぎったはずである。

 

それだ。それこそが『魂の眼』だ。』こう考えた時、冒頭にある目の画像への斜に構えた心が、なくなっているはずだ。要は、この妙な神秘性を表現するのにふさわしいのは、冒頭にある方の目の画像なのである。じっと心を落ち着かせ、社会を生きて自然と曇ってしまったその『目』を一度閉じ、ゆっくりと『もう一つの眼』を開けることをイメージするべし。そこにあるのは、人間本位ではなくなった者の、公明正大な世界である。 『その眼』でしか見えないものがある。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

三木清『個性的な人間ほど嫉妬的ではない。』 ノエル・デュ・ファイユ『不幸も何かの役に立つ。』 コペルニクス『思弁ばかりが十分で、理性が不十分であってはならない。』

 

関連する『黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧

プラトンの名言・格言一覧