『チャップリンの言葉』を自分のものにしよう!

チャップリンとは(画像

イギリスコメディアン通称『喜劇王』。イギリスが生んだ「喜劇王」として知られるチャップリンは、本名をチャールズ・チャップリンといい、1889年4月16日にイギリスで生まれた映画俳優です。彼と同じ時期に活躍したハロルド・ロイドやバスター・キートンとともに「世界の三大喜劇王」としても有名です。

 

もともとは映画俳優として「シャーロックホームズ」や「ロンドン子ジムの物語」に出演するなどヨーロッパで活躍していましたが、アメリカ巡業の際にアメリカ人プロデューサーの目に留まり、活躍の場をアメリカのハリウッドへ移します。完璧主義だった彼は、俳優以外にも映画監督や脚本家、プロデューサーとしての才能も発揮し、それまで主流だった「笑うだけのコメディ」ではなく、涙や怒りの要素も含むコメディ作品を作ることができるコメディアンとして世界中にたくさんのファンを作りました。

 

そんな彼は、彼の人生観や仕事に対する考え方などが凝縮された名言を数多く残しています。例えば「私の最高傑作は次回作だ」「笑いのない日ほど無駄な日はない」など、喜劇王だからこそ出てくる名言もありますし、「下を向いているだけなら、虹を見つけることはできない」「人生に必要なものは3つだけ。希望、勇気、そしてわずかなお金」など、くじけそうになった時に聞けば勇気を与えてくれるような名言もたくさんあります。ユーモアや笑いの中にも社会風刺や市民の気持ちを痛烈に表現した作品も数多く存在するチャップリンの作品は、現在でもテレビやDVDなどで楽しむことができます。見るたびに異なる発見ができるものも多いようです。

メニュー

内省記事一覧