『ヒト』を最適化しよう。

ブッダ『孤高なら理解者がいなくても屈する必要はない。粉みじんもない。それを断言しよう。だが…』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

簡単な話だ。『赤信号、みんなで渡れば怖くない。』と言うが、赤信号は『とまれ』だ。

 

もし100人が一斉に赤信号で渡ったとしたら、渡らなかった人が『孤独』になるのだろうか。とんでもない。ダンプカーに轢かれた100人のうちの数人が病院のベッドの中で思い出すのは、一人、渡らなかった『孤高』の人間の生き様である。つまるところ『孤高』でいる限り、たとえ相手が一千万人だろうと屈する必要はない。

 

だがこれが逆であればどうだろう。『赤信号、ひとりで渡れば孤高の人』と言って渡る。

 

 

だが、 赤信号は『とまれ』だ。彼は一人車に轢かれ、 病院のベッドで『孤独』に過ごすことを強いられるだろう。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
経集47。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧