名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『人生は川の流れと同じだ。我々は、大河の一滴である。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

人生に意味などあるのだろうか。

 

『もちろん、意味がある。』と言う人がいた。しかし、その人の命は奪われた。事故に、事件に、天災に、病に。せっかく生きる意味を知ったと思っていたのに、これが人生だ。

 

そう考えるととても虚しい。生きていてどうせ死ぬなんて、わかっていたことではあったが、虚しい。川の流れの様に。この人生は、ただただ流れて、そして死ぬだけ。

 

意味などあるのか。皆、流れる運命だ。ブッダ(釈迦)が『諸行無常』だと言う様に、この世の現存実在するものは、全て流動変化するものであり、一瞬たりとも同一性を保持することが出来ない。我々とて同じ。そんな流れる、虚しい運命だ。

 

…だが、『大河の一滴』だ。

 

我々は『人間』という大きな大河の、一滴なのだ。

 

確かに水は流れる。確かにそれは保持できない。しかし、大河の一滴たる自分が出来ることが、あるはずだ。それを探すのが、このたった一度の人生なのである。

 

自分の一滴が、どれだけの人間という大河に影響を与えられるか。そう考えるとワクワクしてくる。

 

(この一滴を無駄にするな!)

 

そう心の中で叫び、命ある間、出来る限りのエネルギーを燃やす。そして、繋ぐのだ。夢を込めて。希望を込めて。これが人間の、生きる智慧だ。矜持だ。

 

 

命のリレー

 

 

 

参照:子、川の上に在りて曰わく、逝く者はかくのごときか。昼夜を含めず。

(子牢第九-十七)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

孔子『人生は川の流れと同じだ。我々は、大河の一滴である。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『私と同じ境遇の人はいるかね。あまりにも人と話が合わないので多趣味になったのだ。』

 

『迷い、憂い、恐れ。1+1の答えを言うときにその感情があるかどうか考えると良い。』

 

『物事を成し遂げようと思ったら、別に自分の代だけで終わらない時もある。』

 

『”力”に屈するな。力づくで何かを捻じ曲げようとする気持ちも、その範囲内だ。』

 

『私はぶら下がったままで誰にも食べられないニガウリでは終わらない。』

 

『”先生”が”後生”に抜かれたらシャレにならんぞ。』

 

『自分より人格的に劣った者を”友”としてはならない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP