名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『見ているときに頭を下げるのは当たり前だろう。問題は見ていないときにそれが出来るかだ。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

礼儀を重んじている様に見せたい人は、人が見ているとき、あるいは見ているかもしれないとき、見られる可能性のあるときには、人は頭を下げるだろう。問題は、見ていないときにそれをしているかどうかだ。

 

孔子は、

『礼儀とは、表面的な挙措動作ではない。心がけの美しさだ。』

 

と言って、表面的な挙措動作に重きを置かなかった。

 

それはそうだ。表面では頭を下げてヘラヘラしておいて、実際の部分では(ちっ、早く消えろよ馬鹿が)などと思っている人間に、礼儀などあるわけがないだろう。

 

もちろん、それを『やらせる側』にも責任はある。見ていない時にでも頭を下げたくなるような人生を生きていなければ、およそそんなことにはならないのだから。

 

去りゆく背中に思わず深々と頭を下げ、あるいは敬礼をして見えなくなるまで動かないというシーンをたまに見る。本当に、人が礼儀を正したいと思うのは、そういうシーンなのである。

 

 

参照:人を他邦に問えば、再拝してこれを送る。

(郷党第十-十一)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

28.『真の礼儀とは。

真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

孔子『見ているときに頭を下げるのは当たり前だろう。問題は見ていないときにそれが出来るかだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『本当に悔いている者を責める人間は無能だ。本当は悔いていない人間を責められない人間も無能だ。』

 

『その席に着く際に違和感があれば、それに従え。』

 

『不純物をろ過するフィルターとなれ。』

 

『礼儀とは、表面的な挙措動作ではない。心がけの美しさだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP