名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『艱難辛苦が器を広げる』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

艱難辛苦(かんなんしんく:人生でぶつかる困難や試練)を、どう捉えるかが、人生を決める。屈して、乗り越えられないか。あるいは、屈さず、乗り越えるか。簡単に言ってしまえば、この2択である。

 

私はいつもこう言ってきた。

『辛く、悲しい、耐え難い。混沌とした矛盾だらけのこの理不尽な人生を生きていると、どうしてもそういう場面に直面することがある。だが、それを嘆くことしかできないのか。嘆くのが、人間なのか。他の選択肢はないのか。

 

そう考えると、見えてくる問題がある。それは、その艱難辛苦を、自分の人としての向上のために利用するという問題である。

 

こういう言葉がある。

『寒さに凍えた者ほど、太陽の暖かさを知る。人生の悩みをくぐった者ほど、命の尊さを知る。』
byホイットマン

 

そうだ。艱難辛苦は、人が、一回り大きな器になる為に通るべき、登竜門なのだ。辛い、悲しい、それは、自分の心という『器』を削る音。削られた器は、削る前より大きくなり、人として、より一層の深みと幅がつき、器が大きくなるのだ。』

 

そう考えると、艱難辛苦はまるで、『最中は痛いかもしれないが、終われば一段階上の境地に立つことのできる、 ”脱皮”、あるいは”孵化”』である。

 

一生幼虫の姿のまま終わる生命もあれば、綺麗な蝶に生まれ変わる生命もある。艱難辛苦は、成長する資格のある人間にしか訪れない、孵化のチャンス。

 

痛みに屈し、そのチャンスを不意にするか。それとも、脱皮、孵化、成長のチャンスを喜び、ものにし、あるいは受け入れ、人として次のステージへ進む覚悟を背負うか。どちらが”死”を受け入れているか、どちらが”人生”を見極められているか、内省する価値のあるテーマである。

 

 

参照:『ローマ人への手紙 第5章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

キリスト『艱難辛苦が器を広げる』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『目に見えないから希望とよぶのだ。』

 

『自分を棚に上げるな。』

 

『真理を見よ。』

 

『意識しなければそれは良心となり、意識すればそれが信仰となる。』

 

『受け入れよう。希望を持とう。思い上がるのをやめよう。』

 

『あなたが復讐しなくても私がするから安心せよ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP