名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『生まれ変わり?そんなものはない。あるとしても私は生まれ変わらない。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

生まれ変わり(輪廻)という考え方は、一体どこからやってきたのだろうか。『煩悩』と『無知』である。『執着』していたのだ。この世に。それがなければ、生まれ変わることなど考えないだろう。

 

『知らなかった』のだ。あの世を。それだからこそ、生まれ変わる発想が頭をよぎった。

 

『生まれ変わってまた会いましょう』というロマンチックなワンシーンぐらいなら良く見えるが、これも突き詰めれば『執着』。この世に対する執着心が生んだ、ワンシーンである。それに例えば、『お前のやったことは末代まで呪われる。生まれ変わっても関係ない。』というカルマ(業)の話はどうだ。それで身分差別が何千年も行われている国が、未だにある。

 

身分の低いと定められた人間の命は粗末に扱われ、女子供は凌辱され、強姦された後に殺害されて、道路に捨てられる。こんなことがあっていいと思うか。いいわけがないだろう。

 

『ロウソクについていた火が、消えた。だから新しく、つけた。だが、その火がどうしてさっきまでの火と同じものだと言えよう。』

 

 

我々は、たった一度の人生を生きているのだ。少なくともこのブッダはあの時代にあって、『生まれ変わりの建築材料に使う煩悩と無知を、全て破壊しつくした』 と言って、自分が生まれ変わることはないと断言した。

 

『あの世』などない。目を向けなければならないのは、『このたった一度の人生』である。

 

 

参照:法句経153,154

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ブッダ『生まれ変わり?そんなものはない。あるとしても私は生まれ変わらない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『外に答を求めるな。孤独の状況で自分の内面と向き合うべし』

 

『一切行苦(いっさいぎょうく)。これすなわち、すべての衝動は苦しみの根源であることの悟り。』

 

『諸法無我(しょほうむが)。それすなわち、全ての物は、自分の物ではないという悟りである。』

 

『悩みの根源になっているなら、その好き嫌いに囚われないようにしよう。』

 

『死にたくない?それは昨日踏み潰されたアリも同じことを思っていた。』

 

『自由とは、依存しない心だ。私利私欲に、支配されない心だ。』

 

『自分の心が苦痛だと嘆く前に、快楽を感じたことについて考えてみよ。』

 

『浮ついて、落ち込んで。それが原因で失敗をしているなら、それは誤った心の在り方である。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP