名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『自分をマスター(支配)せよ。それは思っているより楽しいことだ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

社会人であれば、健康を含めた自己管理は当然の責任だが、案外、嫌々やっている人も多い。なぜ嫌々やってしまうかというと、『そういう常識や周り』が蔓延しているからだ。 同じようなことをしている人間や、常識が蔓延している。

 

『だりーよな』、
『マジねみーよ』、
『疲れたー』、
『今日夜飲みいこーよ』、

 

こういう煩悩が蔓延していて、それを言うのが当たり前だと思っている。だからそれに合わせるのが当たり前だと思うし、それに合わせなければ(帰属できていない)と不安になる。

 

もしそうやって『周り』によって『無意識にでも』人生を強いられているのであれば、あなたは『人生を生きている』と、胸を張って言えるだろうか。

 

ルソーは言った。

『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』

 

『行動』には『意志』がいる。『意志』があれば、周囲や社会という大きな波にのまれることなく、自分の人生と向き合う時間を確保し、自分だけのたった一つの生きる道を見出す。

 

まずは『常識を疑う』こと。そして、『呼吸するのではなく、行動する』こと。何より、『自分を支配するのは楽しいこと』だということを、知ることだ。そこまで行けば、もうこっちのものだ。こんな風に考えてもいい。

 

(ってことは、俺(私)、まだ、生きてない(始まってない)んだ。まだ、新しい人生(世界)が待ってるんだ。)

 

楽しむことが重要だ。

 

 

参照:法句経185

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ブッダ『自分をマスター(支配)せよ。それは思っているより楽しいことだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『心と向き合う時間を作った方が良い。それはこの先どんなことがあっても変わることがない。』

 

『感情に身を任せない。いや、というよりも、信号に身を任せないよう心掛けよ。』

 

『理不尽に出遭えば、負の感情に支配されそうになる。だが、心を落ち着けよ。』

 

『自分の心の管理棟に入れ。自分以外、誰がそこに入るというのか。』

 

『そもそも、”教祖様”も”わけのわからない像”もただのこじつけである。』

 

『人はどんどん老化していく。そう考えると、偉そうにしていることがとても虚しい。』

 

『逆境?それこそが自分の真価が問われる瞬間だ。』

 

『ブッダ、ブッダと言うが、あなたもブッダになれるのだ。』

 

『たった一度のこの人生。あなたが選んだ道は、その歩きがいのある道か。誇りを持て。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP