名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『違和感を覚えるなら無理する必要はない。往々にしてその違和感が正解だ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

『違和感』とは、往々にして『心底の声』と言うこともできる。『心底にいる自分』というのは、大体自分のことを良く知っている。心底の反対が、『表面』だとしたらわかるはずだ。

 

表面、つまり顕在意識。毎日、朝起きて、食事をして、会話をして。会社に出かけようか、テレビを観ようか、歯を磨こうかと、顕在意識が自分に働きかける。つまり心底とはその反対で、潜在意識のことだ。普段、潜在している。だから普段の生活には、この潜在意識はあまり影響していないように思える。

 

人は、人生という毎日を過ごしていくために、『余計な情報』を心底に沈めておくのだ。『余計な情報』とは、トラウマのことでもあるし、普段の生活には、常として必要のない情報。

 

7つの習慣』にあるマトリックスで考えるとわかりやすい。

 

マトリックス
画像

 

顕在意識、つまり毎日を過ごすために多くの人は、第一領域、第三領域、第四領域、 つまり『第二領域以外』に人生の時間配分をしてしまっている。『心底』というのは、第二領域的な時間の使い方をしなければ、向き合うことは出来ない。だが、『心底』には、往々にして自分にとって重要な情報が詰まっているのだ。

 

 

『違和感』とは、その心底にいる自分が送る、サイン(合図)だと思った方が良い。

 

(その選択は、違うんじゃないか。)
(これを言わないと、また同じことになるよ。)
(それを見て見ぬフリして、後悔したじゃないか。)

 

そういう風に自分に働きかけるサイン、それが『違和感』の正体だ。私はこのことについてよく理解しているつもりで、例えば表面、つまり顕在意識では、 (この取引はメリットが大きいと思う)と判断しているのに、『違和感』は『やめろ』とサインを送るときがあった。だが当時の私は、(いやそんなことはない。利益になる。) といってその『違和感』を無視し、そのまま取引を進めてしまった。

 

すると、やはり結果が出なかった。それどころか、『違和感』の指示通り、取引先の不審な態度が明るみになったのである。

 

(違和感に従えばよかったな。)

 

私は何度も何度もそういう経験をしてきたからわかるのだ。往々にして、その『違和感』が正解だ。

 

 

参照:経集48

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ブッダ『違和感を覚えるなら無理する必要はない。往々にしてその違和感が正解だ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『まさか、間違いを正してもらったことを捏造するような人間が、友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『まさか、表面的なことが整っているからといって、彼が人格者だと思っているわけではあるまい。』

 

『欠点や美点で判断するような人間を、まさか友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『テイク(貰う)しておいてギブ(与える)をしない。まさか、そんな人間が友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『孤高なら理解者がいなくても屈する必要はない。粉みじんもない。それを断言しよう。だが…』

 

『真の友がたまたま周りにいなくても全く問題はない。』

 

『真の友はたまたま周りにいたその人とは限らない。』

 

『呪い?そんなものがあるのならほとんどが人殺しの子孫だぞ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP