名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『足るを知る者は富む。例えば、水を飲むだけで人は、涙を流せる。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

簡単に考えるのだ。砂漠で30日遭難して、自分の小便などとっくのとうに飲みほして、命を引き伸ばしていたその時、目の前にオアシスの池が見えたなら、どう思うだろうか。

 

去年、小笠原諸島を取材したときの話だ。

 

 

丸一日かかった船旅の疲れも癒えぬ中、炎天下の真夏に一日中トレッキングをし、坂道や秘境までの道を延々と歩き、日に焼けた肌から体温を奪われ、足は棒のようになり、少しでも油断すると翌日と翌々日の取材にも影響を及ぼす懸念がある中、体力維持の為、生命存続のために身体中がドリンクと栄養、休養を求め叫ぶ中、ついに見つけた自動販売機。

 

冷たい飲み物で頭がキーンとなるなど、本当に身体が水分を欲していたらあり得ない。 一口目にして4分の3以上が簡単に無くなり、体中を水分が駆け巡る。それは、普段都会で飲むそれとは明らかにその 『質』、そして『体感』が違うものだった。体育会系の人生を送る人なら皆、よくわかることだろう。

 

普段、『限界効用の逓減』の仕組みを理解できない部下もさすがに、あのときのスポーツドリンクの味は、忘れないはずだ。

 

こういう言葉がある。

『富は海の水に似ている。飲めば飲むほど、のどが渇くものである。』

byショーペン・ハウエル

 

自分の人生で悲劇のヒーロー、ヒロインを演じる前に、一度このことについて、よく考えた方が良い。

 

パラドクス(逆説)を見るのだ。『損して得取れ』。『損』が『得(徳)』になることがあるように、『増やす』のではなく、『減らす』のだ。

 

減らせば、『減らす前』に当たり前だった事実が、『当たり前ではなくなる』のだ。 これも、内省をすることで得られる、セルフコントロール能力である。

 

 

参照:法句経366

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『足るを知る者は富む。例えば、水を飲むだけで人は、涙を流せる。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『ストレスの原因は、その”欲”の正当化かもしれない。』

 

『”執着”は最大の罪。だが、”執着”の意味を知っているか?』

 

『歪んだ愛情は、文字通り人の人格を捻じ曲げる。』

 

『執着には気を付けろ。厳重に警戒せよ。』

 

『依存すれば楽になれる?実際は逆だ。』

 

『根っこと枝の原理を知れば解決する。』

 

『足りないと思う以上は、足りないのだ。』

 

『一切行苦(いっさいぎょうく)。これすなわち、すべての衝動は苦しみの根源であることの悟り。』

 

『諸法無我(しょほうむが)。それすなわち、全ての物は、自分の物ではないという悟りである。』

 

『悩みの根源になっているなら、その好き嫌いに囚われないようにしよう。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP