『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『自分という人間は、過去未来永劫、たった一人しかいない。このことについてよく考えるのだ。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

こういう言葉がある。

byラポック

 

人間というのはもちろん愛すべき生き物だが、同時に実に愚かな生き物である。略奪、争い、差別、隠蔽、ひいては法律から蔓延している常識、社会制度に至るまで、人間が創りあげたありとあらゆる概念は、決して『正しい』と断言できないものばかり。

 

だから、『その常識、概念、認識』の中で、例えば、『女性は顔をさらしてはいけない』とか、『女性は太っている方が魅力的だからお尻にシリコンを入れる』とか、その逆で  『露出している女性がセクシー』だとか、『小顔で美脚じゃなければあり得ない』とか、『意見をズバズバ言うのが良い』とか、逆に、『寡黙な男が粋なんだ』とか、やれ『悪魔』だとか、『魔女』だとか、『ホトケ様』だとか、

 

何が正しくて、何が間違っているのかこんなにも混沌としているのに、『あの人になりたいなあ』 と思う心は、本当に合っているのだろうか。そのことについて、一度よく考えてみた方が良い。

 

ちなみにブッダ(釈迦)は、『個人を崇拝するな。答えは自分の心の中にある。』と言って、崇拝の的になることを拒否していた。それから数世紀後に、崇拝を抑えられない信者が仏像を作り、世界にありとあらゆる仏像や、多仏観、そして般若心経が生まれた。

 

私は仏教徒ではない。キリスト教徒でもない。何でもないし、むしろ信仰に対して懐疑的であり、悩まされた人間の一人だが、その葛藤は逆に自分の使命であると考え、信仰や、宗教や、神や仏を少しでも理解しようというきっかけで、こうしてそれらの教祖(トップ)の話を聞いていると、驚くべきことに、彼らの言葉は的を射ているではないか。

 

そう。間違っていたのは、私が疑っていたのは、『真理を説いた偉人』ではなく、『教えを歪曲させた凡人』だったのだ。

 

自分の人生を、もっと大切にし、真剣に考えたいものだ。どんなに未曾有の状況変化よりも、どんなに貴重な宝石よりも希少な、たった一度の人生なのだから。それこそが、『天上天下唯我独尊』の言葉の真の意味だ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経365。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧