名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『人と張り合う虚しさを知れ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

人と張り合うということは、『見栄』に支配されているということである。私は見栄に支配されている人間がトラウマに近いほど敏感だからよくわかるが、何と無様で、醜いことだろうか。

 

彼ら自身が醜いと言っているのではない。『人を憎まず行いを憎む』。見栄に支配されている人間の様が、無様で醜く、愚かなのだ。

 

相手と張り合い、見栄を張り、意見を言い返し、してやったりと思っている人の顔は、ドヤ顔で充満していて、自分が賢く、偉く、強く、たくましく、そして勝負に勝ったと勝ち誇っている。

 

だが彼らは理解していない。『表層的な勝利』に執着するあまり、その行為が『実際の価値』を著しく落とし、後に引く『ツケ』となって自分の人生に重くのしかかるということを。

 

ブッダは、言い張ることの成果は所詮、

 

  • 嫌がられること
  • 褒められて自慰すること
  •  

    のたった二つだけだと言う。

     

    つかの間の『自慰行為』をそんなにも求める彼らは、偉く、たくましいのではない。虚しいのだ。それを考えたら、もうやめるしかないだろう。

     

    『自分は偉くて強い』と主張するたびに、『虚しい存在』に成り下がる、パラドクス(逆説)が働いているのだ。それに気づけるかどうかで、あるいは負の連鎖から抜けることも容易になるだろう。

     

     

    参照:経集918

     

    ※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    ブッダ『人と張り合う虚しさを知れ。』


    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    スポンサーリンク

     

    同じカテゴリーに属する他の記事


    『平等に考えよう。公正に考えよう。』

     

    『一人前と一流。その溝は、普通の人では見えない。』

     

    『浮ついた自己アピールによって、自分の格を下げるな。』

     

    『専門用語でまくしたてる人間は、自分に自信がないことを公言しているようなものである』

     

    『傲慢に陥ると、すべて水の泡になると戒めれば、陥るわけにもいくまい』

     

    『そもそも、人と競うな』

     

    『優越感と劣等感。この二つは、本当に必要か?自問せよ』

     


    広告

     

    ↑ PAGE TOP