『後悔したくない方』はこちら

うつ患者の周りが『巻き込まれ型うつ』になる可能性について

巻き込まれ型うつってなに?

『巻き込まれ型うつ』とは、うつの周りにいる人が、その負のエネルギーに飲み込まれ、自身もその闇に毒されてしまうことを言います。周りにいる人が、巻き込まれてうつになるということです。

先生

『巻き込まれ型うつ』になる気持ちはわかるなあ!僕も近くにTHE・悲観的な人がいるからね!もう10年という間、そのネガティブなオーラを浴びまくってるからさ!さあ、一緒に考えていこう!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

ネガティブブラックホール&ポジティブビッグバン

うつと落ち込みは同じだが、うつはまるでブラックホールだ』にも書いた様に、うつのエネルギーというのは、まるでブラックホールのようだ。

 

 

 

とは、今から6年以上も前に私が創った言葉だが、いまだにこの言葉の威力は失われていない。ネガティブな人は、まるでブラックホールのように、そこに自分も周囲も引きずりこもうとする。一方、ポジティブな人は、まるでビッグバンで宇宙が創造されたように、無の場所に有を生み出し、辺りを光で包み込む。

 

 

人間は、そのどちらの選択肢もある中で、ポジティブを選んだり、ネガティブを選んだりするわけだが、うつの状態では、このネガティブ思考が暴走している状態であり、自分の意志でその発想をコントロールすることができない。出来るのであれば、うつになっていない。

 

無気力であり、やる気がそがれていて、気分が落ち込んでいる。心にぽっかりと穴が空いたような感じになり、何を言っても言葉が響かず、改善は永久に不可能のように思える。

 

先生

ポジティブシンキングとネガティブシンキングって不思議だね!だって、考えることって自由なのに、どっちかに傾いちゃうんだもんね!身長や顔立ち、出身や身分なんかは自由に変えられないけど、思想は自由に変えられるんだ!それに気づきたいね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ネガティブブラックホール&ポジティブビッグバンを理解する。
  • うつの状態では、このネガティブ思考が暴走している状態。

易しさと優しさ

私の部下が、まさにそういう状態だった。

 

他の人には厳しくはしないが、部下の場合は違う。自分の右腕にもなり、自分の側近にもなる資格がある私の部下に対しては、私は遠慮などしない。なぜ遠慮などする必要があるのだ。私は剣道をやっていた頃、師匠が私の隣にいた生徒を叱りつけた内容を忘れることはない。

 

 

剣道の『面』は、痛い。竹刀で頭を叩くのだから、そりゃあ打ち所が悪ければ、本当に頭を木の棒で殴られたような痛みがあることもある。だから、ある生徒は手を抜いたのだ。手を抜いて、相手に『弱い面』を打った。だが、師匠は練習を停止させ、その生徒にこう怒鳴りつけたのだ。

 

お前、それで自分が優しい人間だとでも思ってるのか!?相手に強くなってもらいたいから、強く面を打つんだ。お前のやってることは偽善だよ。

 

彼は『優しい』人間になりたかった。だが、なったのは『易しい』人間だったのだ。

 

つまり、私は部下が、かなり重い吃音症を患い、幼少の頃に事故で兄を亡くし、ADHDやLDに似た態度を改めることが出来ず、何を言ってもその言葉が響かない、という『うつ』のような生き方をしているのをこの目で見た時、

 

それがどうしたんだよおい!

 

と言って、彼に全身全霊で指導をし続け、その手を一切緩めることなく、今、もう8年の時間が経った。まともに学校も行かなかった私が、8年の時間、決して屈しなかった。これがどれだけエネルギーのいることだかわかるだろうか。私のその稀に見るエネルギーの実力が少しは伝わったのだろう。彼はこの8年で、カタツムリの速度だが進歩しているのだ。

 

 

先生

この記事から更に2年。つまり10年の月日が経ったよ!ただ、本人が本気で変わろうと思わないから、まだまだ根本解決は出来てない。だけど、カタツムリの速度で進んでいることは確かだ!この2年で更に成長は確認できているよ!
長い旅っす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『優しい』と『易しい』は違う。

うつなんかに負けるか

もしかしたら、彼は『うつ』だったかもしれない。だが、私がそれを認めなかった。あるいは、

 

だから何なんだよ。だから何してもいいんだな?俺の会社が潰れてもいいし、親の金を無心してもいいし、あるいは、将来のお前の子供がお前と同じように無気力で甘えたカスに育ってもいいんだな?

 

お前の将来の嫁が、お前が使えない馬鹿に育つことで金もなく、妙な仕事をすることになっても、あるいは貧乏で苦しい目に遭ってまともに食事が出来なくても、お前はそれでいいんだな?

 

幼少の頃に事故で兄を亡くしたことを一生引っ張り続け、被害者を演じつづけ、ある種のうつになり下がり、このまま人生を棒に振ることで、死んだ兄へ復讐でもするか。

 

それとも、兄の命を尊びたいのか。どっちなんだよテメエは。どちらにせよ自分の人生は自分で決めろや。俺はただ上司としてお前の処遇を『公正に』やるだけだ。

 

という断固とした姿勢を貫いたことで、彼のうつが私に屈し、根を上げ、負けを認め、道を強制的に改めさせられたのかもしれない。

 

先生

ただ、実はここから2年、こうしてうつ病やあがり症の研究をたくさんしていると、また、10年間という時間、彼を見ていると、やっぱり『うつだと思って接する』方がいいのかもしれないって思ってきたよ!
それじゃ方向転換するっすか?

ハニワくん

先生

それも勇気だと思ってるよ!頑固と頑迷は違うからね!良いと思ったことを素直に認めることも大事だと思っているからね!それに、『半分うつで、半分健常者』という体制を取っていくから、疾病利得に走ることも許さないように、この10年の時間が教えてくれるよ!
無意味な10年ではなかったっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 頑固と頑迷は違う。

唯一無二の命の価値を知れ

『巻き込まれ型うつ』とは、うつの周りにいる人が、その負のエネルギー、ここでいうブラックホールに飲み込まれ、自身もその闇に毒されてしまうことを言うが、私がそのようなエネルギーを燃やし、それが異常なほどのものだったということの理由の一つは、そのブラックホールに対抗するだけのエネルギーを燃やす必要があったということで、それだけ直面していた現実が、深い深い闇の光景だったということなのかもしれない。

 

 

私のやり方はかなり独特で、私はむしろ『こういうやり方が得意』なのだ。だから全ての人は私の真似が出来ない。私は鬼のように厳しく接する反面、彼と一緒に富士登山をしたり、日本の世界遺産を全て見て回ったり、儒教の始祖『孔子』、キリスト教の礎『イエス・キリスト』、仏教の開祖『釈迦』、古代ギリシャの哲学者『ソクラテス』などの最高の偉人の言葉などを用いて、彼に助言をしている。

 

私はエネルギーの塊なのだ。だから『巻き込まれ型うつ』にはならなかった。他の人は、私と同じだけのエネルギーを燃やせないなら、私とは違ったやり方をしなければ、『巻き込まれ型うつ』になる可能性がある。

 

先生

僕(著者)の場合は、相当な変わり者だからね!100万人に1人くらいの変わり者じゃないかな!無宗教なのに宗教をこれだけ学んでいるっていう人は、世界に50億人以上いる宗教者の数を考えても、20億人中の無宗教者の中で、さらに勉強をしているわけだから、本当に少ないはず!
先生は変わり者っす!

ハニワくん

先生

ただ、だからといって自分が正しいと過信したら全てが曇ってしまうからね!これからも最善策だけを取っていくようにしたいね!
この章のまとめ
  • 唯一無二の命の価値を知れ。