『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ディケンズ『病気や悲しみも人にうつるが、笑いと上機嫌ほどうつりやすいものもこの世にないのだから、物事は美しく正しくりっぱに調整されているものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

イギリスの小説家、ガイ・ベラミイは言った。

 

あるいはニーチェは、

 

と言った。そう考えると、我々の命はまるで、伝染病そのもの。

 

伝染病

 

しかし、そう考えないなら、我々の命はまるで奇跡そのもの。

 

『病気や悲しみも人にうつるが、笑いと上機嫌ほどうつりやすいものもこの世にないのだから、物事は美しく正しくりっぱに調整されているものである。』

 

私はこの言葉から、『物事は美しく正しくりっぱに調整されている』ということよりは、『病気、悲しみ、笑い、上機嫌、そのすべては連鎖する』という事実に着目して考えたい。正直、 『意志がなさすぎ』である。なぜそうも簡単に連鎖してしまうのだ。まことに人間の心というものは、ふわふわと揺れ動いて、流動的である。

 

岡本太郎は言った。

 

もちろん岡本太郎の言うように、この世の真理が流動変化なのだから、それ自体はいい。だが、この『意志がなさすぎる人間の心』からは、いささかプライドや矜持というものを感じない。その流動変化が『川の流れ』だとしたら、プライドとは『その川の流れに逆らう岩や魚』である。私はそのようなプライドの高い人間の生きざまがとても好きだ。心が震える。自分の命を無駄にしてたまるかという、矜持を感じる。

 

矜持

 

生きて死ぬ。確かにそれが真理だ。世は流動変化している。それもその通りだ。だが、この儚く虚しい人生を『尊い命』に昇華させるのは、プライドである。それこそは、この一生を生き貫いたという証。私はそういうプライドの高い人間になりたい。いや、なるつもりだ。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

同じ人物の名言一覧