名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『地球は皮膚を持っている。そしてその皮膚はさまざまな病気を持っている。その病気の一つが人間である。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人間の身体には、常在菌という菌や、皮脂を食べてくれる顔ダニがいる。これを洗い流し過ぎてしまうと、皮膚に異常が出てきてしまうので、あまり顔は洗い過ぎない方が良いと言われている。例えば、ニキビの原因にもなるからだ。

 

顔だけではない。体も同じだ。とある超有名な芸能人は、もちろん何十億円も稼いだわけだが、体を洗うとき、ボディタオルを使わないらしい。アカスリなんてもってのほかだ。石鹸を使い、手だけで体を洗う。

 

石鹸

 

私は最初にそれを聞いた時、もちろん疑ってかかり、真似する発想にすらならなかった。だが、その後多くの芸能人(それも、間違いなく数億円以上の資産を持っている人)らが、こぞって彼と同じように石鹸を使い、手だけで身体を洗うという行為をしていると言っているのを見て、違和感を覚えていた。

 

その後、ニキビ薄毛ワキガ等の勉強をする機会があった。それは以下のサイトを作るときに学んだのだが、

 

ニキビ

ニキビ

>>詳細を見る

薄毛

薄毛

>>詳細を見る

ワキガ

ワキガ

>>詳細を見る

 

彼らがしていたように、固形せっけんを使い、手で身体を洗うのが良しとされていた。そして、シャンプーもやりすぎては薄毛の原因となり、洗顔もやりすぎるとニキビの原因になることが判明したのだ。

 

これらは全て、『常在菌を殺さないようにする』ことで共通していることだった。常在菌の中には、良い菌もいる。悪い菌だけを洗い落とせればいいので、洗いすぎることは逆効果になるということなのである。

 

人間の目では見えないので自分は綺麗な身体だと思っているが、実は潔癖症の人間でさえ、彼らが思っているような『潔い存在』にはなれない。

 

なんだったら、ちょっと悪い環境に自分の身を置いた方が免疫力が上がることもある。その環境の中で生きていこうとして自己防衛本能が活性化し、免疫力を上げるのだ。

 

ある、幼少期に貧乏だったタレントがいた。彼は本当に貧乏な体験をしていて、なにしろ草や花を食べることはもちろん、ときには土を食べることもあったという。お風呂はもっぱら洗濯機だ。縦型の洗濯機の中に入れば、洗濯物と自分の両方洗えるから一石二鳥だと言って、幼少時代の当時を明るく振り返る。

 

ある日彼が海外にロケに行った時の話だ。あまりにも喉が渇いたので近くにあった川の水をやむを得ず飲むと、彼以外の取材スタッフは皆お腹を壊して、大変だったという。彼の体の中には間違いなく、人一倍強い『何か』が存在しているのだ。

 

ニキビ対策

 

肌荒れやニキビの原因は、前述したこと以外に、『脂質の摂りすぎ』による『皮脂の過多』だったり、『分解できなかった毒素』を吹き出物として外に排出しようとすること等、様々であるが、『紫外線の浴びすぎ』による『皮膚がん』然り、これらに共通するのは、過多、暴走、超越、というキーワードである。あるいは、それによって『乱れた』ことが原因で『症状』が出るのである。

 

環境を破壊し、生物多様性を壊す驚異的な人間の行動は、実はニーチェの言う様に『元々は抑えてあった症状』であり、それをいつでも発症させる恐れがあったのが人間であり、人間は地球にとって、病原菌なのかもしれない。

 

しかし暗く考えることはない。記事中で書いた『常在菌』だって『菌』だ。『菌』と聞くと妙なイメージを持つ人もいるかもしれないが、『善玉菌(ビフィズス菌)』についてはどういう印象があるだろうか。

 

菌=命だ。

 

我々は『善玉菌』にも『悪玉菌』にもなり得ることを頭に焼き付けて、今日も明日も、バランスを崩さないように努めるべきである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ニーチェ『地球は皮膚を持っている。そしてその皮膚はさまざまな病気を持っている。その病気の一つが人間である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『孤独のなかでは、人がそのなかへ持ち込んだものが成長する。』

 

『人々がいつでも、正直なことをいうのはなぜか。神が嘘を禁じたからではない。それは、嘘をつかないほうが気が楽だからである。』

 

『脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精神も同じことである。』

 

『信念は嘘よりも危険な真理の敵である。』

 

『毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も無駄になるおそれがある。』

 

『愛せなければ通過せよ。』

 

『愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。』

 

『どれほど良いことに見えても、「~のために」行うことは、卑しく貪欲なことだ。』

 

『おのれの友のうちに、おのれの最善の敵を持つべきである。君が友に敵対するとき、君の心は彼に最も近付いているのでなければならない。』

 

『一般的にいって、本当の友情は喜びと悲しみを共にすることによってのみ結ばれるものです。』

 

『君は奴隷か?それなら君は友とはなれない。君は暴君か?それなら君は、友を持てない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP