名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

湯川秀樹 名言/格言

湯川秀樹

 

湯川秀樹とは(画像

日本理論物理学者。生誕1907年。湯川秀樹は、1907年に京都府京都市で学者一家の三男として生まれました。京都帝国大学を出てからは、京大の他に大阪帝国大学で講師を務めた時期もありましたが、人生の大部分を京都で過ごします。1943年に文化勲章受章、1949年には中間子理論で日本人としては初のノーベル賞を受賞するなど、日本を代表する理論物理学者として名をはせ、多くの優秀な後続を育てました。おもな弟子に、宇宙物理学者の林忠四郎、ゲージ理論の先駆者である内山龍雄らがいます。

 

湯川の中間子理論は初めはほとんど相手にされませんでしたが、1947年、イギリスのセシル・パウエルによる中間子の発見でその正しさが証明されました。「アイデアの秘訣は、執念である」という言葉は、認められるまでに年月を要した彼のモットーです。

 

湯川秀樹関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

湯川秀樹の言葉


 

『一日生きることは、一歩進むことでありたい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『日進月歩』とは、日ごと月ごとに絶えず進化していく、という意味。教育者の岩渕克郎は言った。

>>続きを見る

 

『取り返しのつかない大きな失敗をしたくないなら、早い段階での失敗を恐れてはならない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

元ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニが、『割れ窓理論』を徹底追及し、ニューヨークの犯罪率を激減させることに成功させた。『割れ窓理論』とは、

>>続きを見る

 

『アイデアの秘訣は執念である。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『アイディア』というのはそもそも、ひらめいた時点で、アイディアである。だが、ときにそのアイディアは、ひらめいただけではだめで、

>>続きを見る

 

『今日の真理が、明日否定されるかも知れない。それだからこそ、私どもは、明日進むべき道を探しだす。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

エジソンはこう言い、『我々は何事についても1パーセントの100万分の1も知らない。』TOYOTAグループ創始者、豊田佐吉は言った。

>>続きを見る

 

『現実のほかにどこに真実があるかと問うことなかれ。真実はやがて現実となるのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『目に見えている現実以外に、真実などない』という発想では、『天動説』のままだったのである

>>続きを見る

 

『科学は絶えず進歩している。常に明日の飛躍が約束されている。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ボールがあって、それが転がっている。それを思い浮かべた時、確かに次の瞬間も、その次の瞬間も、ボールは前へ前へと動き続けている。

>>続きを見る

 

『真実は、いつも少数派。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ショーペン・ハウエルは言った。『孤独は優れた精神の持ち主の運命である。』あるいはこうも言った。『強い人間は自分の運命を嘆かない。』イプセンは言う

>>続きを見る

 

『現実はその根底において、常に簡単な法則に従って動いているのである。達人のみがそれを洞察する。現実はその根底において、常に調和している。詩人のみがこれを発見する。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ガリレオは言った。『自然はわれわれの知性にとっては限りなく驚嘆すべきことを、最高度の容易さと単純さとで行なっている。』湯川の言う『常に簡単な法則に従っている』ということは、ガリレオの言う『最高度の容易さ』という言葉と、どこか同じニュアンスを感じるわけであるが、

>>続きを見る

 

『自然は曲線を創り、人間は直線を創る。』

 

カテゴリー:知性/知恵

(確かに人為的な造形物、例えばマンションや、道路やテレビやエアコンや、棚に机にノートに、と、色々直線があり、自然はというと、川も山も海も、岩も砂も宇宙も地球も、どこにも直線が見当たらないか…)

>>続きを見る

 

『現実は複雑である。あらゆる早合点は禁物である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『現実は、痛切である。あらゆる甘さが排除される。現実は予想できぬように豹変する。あらゆる平衡は早晩打破される。現実は複雑である。あらゆる早合点は禁物である。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP