名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ヘミングウェイ 名言/格言

ヘミングウェイ

 

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイとは(画像

アメリカ作家。アーネスト・ヘミングウェイは1899年7月21日に生まれ、1961年7月2日に没したアメリカの小説家で詩人です。そのシンプルかつ独特な文体は本人の冒険的なイメージと相まって近代の文学界や同世代の人々のライフスタイルを大きく左右したと言われています。1954年にはノーベル文学賞も受賞しています。生前は6つの短編集を含む7冊の小説と2冊のノンフィクション小説を発表、死後も3冊の小説、4つの短編集、3冊のノンフィクション小説が発見され、出版されています。アメリカ文学のスタンダードとして現代でも読み継がれています。

 

ヘミングウェイの生涯の中でもその作品に大きな影響を与えたのは戦争の体験です。自身も実際に爆撃による怪我を経験したことがあり、第2次世界大戦では対敵スパイ組織を自ら指揮するなど深く戦争に関わった経験を持っています。軍隊に所属していたわけではないため、勝手に取った軍事行動により裁判にかけられたこともあります。一市民として、一新聞記者として戦争と独自に向き合ってきた経緯があります。

 

そのようなヘミングウェイの名言としては、人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない、というものがあります。人の生死を直視してきた経験が、生きるということに対して特別な想いを抱かせていたということが想像できます。ただ、そのように生きるということに対して明確な意志を持っていたヘミングウェイは自殺という生涯の終え方を選びました。これは遺伝的な躁鬱気質に起因していると考えられています。

 

ヘミングウェイ関連の書籍

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ヘミングウェイの言葉


 

 

『勇気とは、窮しても品位を失わないことだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ヘミングウェイは作家だ。従軍記者でもあった。恐れることなく戦地の前線に出て、砲弾で命を落としかけながらも、負傷した兵士を背負って生還し、一躍、『勇気ある者』、つまり『英雄』として名を馳せた。

>>続きを見る

 

『あちこち旅をしてまわっても、自分自身から逃れられるものではない。』

 

カテゴリー:自己/精神

とかく人間というものは、自分ではないなにかに憧れて、人生を彷徨うことがある。 『隣の芝生が青く見える』のだ。こういうアメリカンジョークがある。問い:21世紀、世界はグローバリゼーションの世の中になった。

>>続きを見る

 

『運はいろんな形をして現れる。とすれば、どうしてそれがわかる?』

 

カテゴリー:不幸/失敗

この言葉にこれ以上相応しい言葉はないだろう。『状況?何が状況だ。俺が状況をつくるのだ。』byナポレオン 誰がそこが『運の尽き』だと言った。誰がそこが『この世の果て』だと言った。

>>続きを見る

 

『釣れないときは魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

私はよく『試練の壁』にぶつかることが多い。それは、人と違う人生を好んで生きる私からすれば、むしろパートナーの様な存在である。もう、この発想が出来るかどうかだ。それに尽きる。

>>続きを見る

 

『ときどき孤独になりたい思いが、男にも女にもわく。二人が相愛の仲であれば、相手のそのような思いを互いに嫉妬するものである。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『相愛』なのであれば、双方ともに『自由な時間を与えたい』と願うものだ。つまりお互い、それについて嫉妬するなら『相恋』なのである。

>>続きを見る

 

『歳をとるにつれ、自分にとってのヒーローという存在を持つことが難しくなるが、多かれ少なかれそれは必要なことである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

かつて幼少の頃の自分のヒーローは、『~レンジャー』や仮面ライダー、ウルトラマンの様なスーパーヒーローの類、あるいは、現代日本では孫悟空やモンキー・D・ルフィ海外ではアメコミヒーローなどが挙げられるだろうか。

>>続きを見る

 

『この世は素晴らしい。戦う価値がある。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

逆に、『この世は無価値だ。戦う意味を見いだせない。』という発想をする人は、どういう人だろうか。

>>続きを見る

 

『今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

アメリカの作家、ケン・ケイエス・ジュニアは言った。『持っていないもののことを気にしていると、持っているものを無駄にしてしまいます。』

>>続きを見る

 

『とにかく、新しい毎日なんだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

もうずいぶん前になるが、部下が、『今日も同じ一日が始まった。』という時空が捻じ曲がる記事をブログに書いているのを見て、大緊急会議を、極めて厳重に、極めて重大に取り行った。

>>続きを見る

 

『何と多くの人が財布の中身を考え、他人の思惑を考え、家庭を考えて、つまらない人生に甘んじてしまうことか。』

 

カテゴリー:人生/生死

くよくよ考える人間は、はじめから運に見放されており、勇気なんて滑稽にしか思えず、才能があっても活用されずに終わるのだろう。挙げ句のはては、不平不満の虜になるのがオチである。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP