『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ヘミングウェイ『今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

アメリカの作家、ケン・ケイエス・ジュニアは言った。

 

人は、ないものねだりをする生き物である。

 

ブッダは言った。

 

ブッダ

『人間の欲望は、たとえヒマラヤほどの金を手に入れても満たされることはない。』

 

どんなに満たしても、次々にわいてくる。それが人間の欲望というものである。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

 

足るを知る者は富む。しかし人間は、『もう十分足りている』とは思えず、『まだまだ足りない』と言って枯渇していることを主張し続ける。五体満足で生きる人は、五体不満足で生きる人生のことを考えたとき、何も思わないのだろうか。実際は思うが、(でも、もし、だって、どうせ)等と言って、隣の芝生を『青』だと主張し続ける。

 

芝生

 

フォスディックは言った。

 

この人生は、たった一度しかないのだ。そして、その命はいずれ必ず、例外なく終わるのである。それを考えたとき、人間がとるべき行動とは、自分の命を最大限に躍動させることだ。『欲望を満たすこと』ではない。この言葉の意味を理解できない人は、人生を左右する究極の場面で自分の人生を優先させ、利己的な行動に出る。だが、理解できる人は自分の命を賭して、主体的な行動に出る。

 

続きは映画で観たい。 自分の命が何のためにあるか、自問したい。

 

 

『15時、17分パリ行き』。この映画は実話である。そして、主演の3人は実際の事件の被害者だ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧