名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

フィリップ・コトラー 名言/格言

フィリップ・コトラー

 

フィリップ・コトラーとは(画像

アメリカ経営学者。生誕1931年通称『近代マーケティングの父』。

 

フィリップ・コトラー関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

フィリップ・コトラーの言葉


 

『私たちの製品やサービスに満足だけでなく、喜びすら覚えた顧客は、同じニーズを持つほかの顧客に製品を推奨してくれる。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『私たちの製品やサービスに満足だけでなく、喜びすら覚えた顧客は、同じニーズを持つほかの顧客に製品を推奨してくれる。さらに、新製品を「ともに作り出す」ことを望む顧客や企業を招き入れることも期待できる。そうした顧客は製品の共同制作者という意識を持つ。』

>>続きを見る

 

『顧客を理解すること。そして顧客ごとの異なるニーズを見抜くことが重要だ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

顧客というのは、人間だ。人間というのは、多種多様だ。まず、性別が違う。そして、年齢が違う。もうこれだけで、十分多種多様だ。

>>続きを見る

 

『失敗から何かを学び、成功に結びつけるのが真のマーケティングである。』

 

カテゴリー:仕事/経営

コトラーはこうも言っているわけだ。『マーケティングは一日あれば学べる。しかし、使いこなすには一生かかる。』

>>続きを見る

 

『マーケティング戦略を立案するためには、カテゴリーを明確にしておく必要がある。なぜなら、自社がどの領域で、どのような企業と競争しているのかを把握しなければ、マーケティング戦略は構築できないからだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

もう、それを考えただけで、自社のカテゴリーが明確でないことは、お話にならないわけだ。有効な戦略をいつまで経っても始めることが出来ない。

>>続きを見る

 

『ウォルト・ディズニーは最初の長編アニメ映画『白雪姫』の制作中、映画で使うジョークを考えて欲しいと全社員に依頼し、優れた提案に対しては謝礼を出すと伝えた。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『ウォルト・ディズニーは最初の長編アニメ映画『白雪姫』の制作中、映画で使うジョークを考えて欲しいと全社員に依頼し、優れた提案に対しては謝礼を出すと伝えた。この謝礼が大いに効果を発揮し、素晴らしいアイデアが次々と寄せられた。』

>>続きを見る

 

『ボツになったアイデアは記録しておくべきだ。ボツになったアイデアの山が、別の人のインスピレーションの源となる場合もあるからだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

これはもうズバリ、『天才の仕組み』に書いた『セレンディピティ』を見るべきである。

>>続きを見る

 

『いまこそ必要と思われるものなら迷わず取り入れていく決断力が求められます。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『もし既存の商品に顧客がお金を出し渋っているとすれば、すぐに第2、第3ブランドの検討に入った方がいいでしょう。廉価版ブランドを立ち上げて、不調な既存ブランドは思い切って整理する勇気も必要です。

>>続きを見る

 

『良いブランドだと信じるなら安易に変えてはいけません。良いブランドはある種の厳格さをもって社内外の圧力から守られなければなりません。』

 

カテゴリー:仕事/経営

例えば、日清の元祖カップラーメンや、ペヤングの焼きそば。あれが、極めて長い間断固としてその姿を変えないシーンからは、そこに『変わらぬ美味しさ』がある安心感が存在する、ということが伺えるわけだ。

>>続きを見る

 

『いまだに販売(セールス)とマーケティングを混同している経営者がいるのには驚かされます。』

 

カテゴリー:仕事/経営

がつくった製品に、意味を与えて世の中に送り出すのがマーケティングの役割なのです。

>>続きを見る

 

『企業には、有能な社員の才能を引き出す責任がある。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『有能な社員の才能を引き出す』のか、『全社員の才能を引き出し、有能に仕立て上げる』のか。コトラーの言葉は、前者であるような印象を受けるわけだ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP