名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ゲーテ『時を短くするものはなにか―活動。時を絶え難くするものはなにか―怠惰。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


日本でよく言われるのは、『小学生の6年間が異様に長かった』という感覚。往々にしてこの時代の日本人は、そう思うことが多いだろう。その理由の一つは、ゲーテの言う通り『活動』と『怠惰』が重要なポイントになっている。

 

『活動』というのは、決して『走り回っている状態』だけのことを指すのではない。 縁側でじっと座って将棋を指しているときだって、『脳内がぐるぐると活動』している。ゲームも同じだ。そう考えると、小学生の時代というのはそれだけ活発だったはずだが、どういうことだろうか。

 

それだけではなく、物心がついてきて、いちいち見る物全てが『新鮮』だった。だから多くの感動をした。つまり、『心が活動的だった』はずある。だから『時間が経つのはあっという間』のはずだ。

 

しかし、ではなぜ長かったのだろうか。ゲーテの言う通り『怠惰』していた意識もないのだ。しかし『怠惰』とはある種、『無責任』とも言える状態。そう考えると、あの頃はほとんど、お菓子、アニメ、放課後、ゲーム、サッカーボール、人形遊び、自転車等のことしか考えていなかったわけで、

 

人形遊

 

親が抱えている経済的な悩みや、教育的な悩み、夫婦間の悩み、将来の悩み、社会の問題、貯蓄、納税、そういったあらゆる大人や、国民の責任において無責任だったわけで、なるほど、そう考えると、人間として『怠惰』していたあの頃は、時間が長く感じるということは、納得できる話なのである。

 

大人になったら、確かに幼少期の頃よりは新鮮な体験は少なくなるかもしれないが、それ以上に『活動』させなければ解決できない問題が山のようにある。

 

それで時が早く感じるのだ。それは良いことである。それだけ人生が、充実しているということだ。幼少時代よりも、圧倒的に充実していることを喜ぶべきである。

 

また、怠惰によって失うものを理解するためには、

 

自分の命を最も躍動させる為には、『働く』必要がある。

 

この黄金律を見るのが良いだろう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。


>>続きを見る

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『時を短くするものはなにか―活動。時を絶え難くするものはなにか―怠惰。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ゲーテ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『救済法をあれこれ持ちだして、一体どういうつもりだ。最上の救済法は、この現在の瞬間を精一杯生きる事だ。』

 

『人間の運命よ。お前はなんと風に似ていることか。』

 

『喜んで行ない、そして行ったことを喜べる人は幸福である。』

 

『自分自身の道を迷って歩いている子供や青年の方が、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。』

 

『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

 

『涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。』

 

『僕はどうやらこの世における一個の旅人に過ぎないようだ。 君たちとてそれ以上のものだろうか?』

 

『青年は教えられることより刺激されることを欲するものである。』

 

『想像と理念、法則と仮説、この区別を理解することのできない人間は惨めである。』

 

『私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。』

 

『財布が軽ければ心は重い。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP