名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

宮崎駿『だいたい、僕が言ってるようなことはもっと立派なお坊さんたちが遥か昔から言ってるんです。』

宮崎駿


日本アニメーター 宮崎駿画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


僕は思想家になるよりも、目の前にいる子供たちに映画をつくってるということが一番大事だと思えたから、思想家になんかなりたくないですから。だいたい、僕が言ってるようなことはもっと立派なお坊さんたちが遥か昔から言ってるんです。』

 

 

まず、こう考えたい。

 

宮崎駿は、知性を探究して真理に辿り着いて、ある種の境地に立った。満足したが、すぐにやってきたのは、『二番煎じ』の様な虚しさと、自分のエゴが湧き起こす、(自分はこの人生に生まれて、何が出来るか)という衝動である。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    宮崎駿の言葉を自分のものにする



    孔子

    孔子

    ソクラテス

    ソクラテス

    ブッダ

    ブッダ

    キリスト

    キリスト

     

    様々な賢人が遥か昔に存在して、自分は、彼らがとっくの昔に到達した境地、あるいは真理というものを、追いかけていることに気が付いた。

     


    だとしたら自分が生まれた意味は何だろうか。『追いかけること』なのだろうか。それとも、『自分にしかできないことをやる』ことなのだろうか。

     

    そう考えた時、アニメーターという自身の職業は、自分の実力、要素そのもので辿り着いた独特な境地。これを大事にすることで、『天上天下唯我独尊』でいれる。そういう見解が、この言葉を通して、一つ浮かび上がってくる。

     

    もう一つは、引退会見の時にチラッと見たのだが、『思想家』でいることの風当たりの様なものがあって、『刺す』だのなんだのという、予告をされたとか、そういう物騒な話が確か飛び交っていた。その相手に対する誤解を解くために言ったということも、一つの見解として私の頭にはよぎった。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    宮崎駿『だいたい、僕が言ってるようなことはもっと立派なお坊さんたちが遥か昔から言ってるんです。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    宮崎駿関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『地球のことを考えたら本当は人間なんていない方がいいんだ。』

     

    『伝道の書に書かれてる突き抜けたニヒリズムっていうのは読んでてちょっと元気が出ました。』

     

    『僕は本当のことを言いまして、あんまりメッセージ性っていうので映画をつくってはいなくて、もっと俗っぽいところで「わはは」と言いながら、本当はつくりたいなと思ってる人間ですから。』

     

    『だけど、なんかやるためには一回自由になりたいですね。』

     

    『実写は楽ですからね。ビールが美味しいでしょ、一日労働するから。そうするとそれで充実しちゃうんですよ。』

     

    『自分が善良な人間だから、善良な映画をつくるんじゃないですよ。自分がくだらない人間だと思ってるから、善良な映画をつくりたいと思うんです。』

     

    『世の中に良いことってのは、めんどくさいんだよ。』

     

    『次があるとかないとかっていう話はもういいですよ。それに関しては、天命だと思ってますから。』

     

    『結局、 趣味持ってる奴は駄目ですね。全部アニメーションに 吸い取られてしまった人間でないと。』

     

    『才能とは、情熱を持続させる能力のこと。』

     

    『自分で、すぐ自分を許せる人間は、大した仕事をやらない。』

     

    『理想を失わない現実主義者にならないといけないんです。理想のない現実主義者ならいくらでもいるんですよ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP