名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >  >

 

アインシュタイン『あなたがたの人間性を心にとどめ、そして他のことを忘れよ。』

アインシュタイン


ドイツ理論物理学者 アインシュタイン

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


アインシュタインはこうも言う。

『一見して人生には何の意味もない。しかし一つの意味もないということはあり得ない。』

 

『人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと。普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ 。』

 

自分の人間性、個性、人格、自分らしさ、これ以上大事にすることなどあるわけがない。その中には『良心』も入っているのだ。アインシュタインは、

『たとえ国家が要求しようとも、良心に反することはしてはならない。』

 

とも言っていて、つまりそれは『愛』を見て見ぬフリをしない、という意味でもある。従って、挙げたこと以上に人が大事にすることなどないのだ。

 

ダイヤモンドも、金環日食も、高級外車も二の次だ。全ては貴重で、高価で、輝かしいかもしれないが、それよりもはるかに輝かしいのが、自分の人生なのである。

 

仏教の開祖釈迦ブッダ)は言っている。

『天上天下唯我独尊』だと。

 

それは、この世に自分という存在は、たった一人しかいない、唯一無二の人生を、悔いなく生きるべし、という意味なのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

アインシュタイン『あなたがたの人間性を心にとどめ、そして他のことを忘れよ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

アインシュタイン関連の書籍

 

同じ人物の名言


『第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからないが、第四次世界大戦で何が使われるかはお教えできる。石だ!』

 

『我々が進もうとしている道が正しいかどうかを、神は前もっては教えてくれない。』

 

『散らかった中から、簡素さを見つけよ。』

 

『人間性について絶望してはいけません。なぜなら、わたしたちは人間なのですから。』

 

『たとえ国家が要求しようとも、良心に反することはしてはならない。』

 

『昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ。』

 

『神の前において人は皆、同等に賢く、同等に愚かである。』

 

『私は未来のことは決して考えない。未来はすぐにやってくるのだから。』

 

『宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教にも欠陥がある。』

 

『教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。』

 

『私は毎日、何百回となく自分の精神と肉体がすでに亡くなった人々や、生きている人々の労働によって支えられていることを思い返している。』

 

『私は人間関係の変わりやすさを知りました。そして、冷たさや熱さから身を遠ざけることを学びました。そうすれば、温度のバランスがかなりよくとれるので。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP