名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >  >

 

アインシュタイン『一見して人生には何の意味もない。しかし一つの意味もないということはあり得ない。』

アインシュタイン


ドイツ理論物理学者 アインシュタイン

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


実は人生には意味なんてないのだ。

 

例えば一人一人が『アルマゲドン』の主人公的に、人類の為に宇宙に出て、何らかの脅威と闘う宿命があったとする。それは一見するととても素晴らしい。格好いいし憧れるし、感動するし尊い。

 

 

しかし、なぜ戦わなければならないのか。 『闘うために生まれてきたのだ』 と言うが、戦うことに意味はあるのだろうか。そう考えると、そんなにも崇高な命がけの使命ですら、 『こじつけ』のような気がしてくる。 『美化・正当化』のような気がしてくる。

 

仕事もスポーツも芸術もエンターテインメントもそうだ。

『これをする為に生まれてきました』

 

と言うが、それは『こじつけ』ではないのか。あるいは『言い聞かせているだけ』ではないのか。何をしても死ぬのだ。死ぬためにこの世に生まれてきたのだ。

 

まさか、全ての人間が毎日の食事を食べれることが当たり前だと思っているわけではあるまい。この世には、生まれたその瞬間から、 貧困と身分差別によって強制的な人生を強いられる者が未だに数多く存在する。 それによって理不尽な死を強要されるのだ。

 

彼らの人生は?あるいは、人間だけが生き延びれればいいのか。絶滅する種は、どうだっていいのか。

 

この世は無常。虚無、空虚、混沌、無秩序、絶望、地獄。意味なんてない。生きたってどうせ死ぬのだ。だとしたらなぜ、この世に生まれてきたのか。

 

しかしなぜだろう。夜空に打ち上がる大花火が、あんなにも綺麗なのは。

 

どうしてだろう。赤ちゃんの笑顔が、あんなにも微笑ましいのは。

 

どうやら『それらの確かな確信』をヒントに、この世に生まれた意味を探し、旅をするのが人間の宿命のようだ。

 

『僕はどうやらこの世における一個の旅人に過ぎないようだ。 君たちとてそれ以上のものだろうか?』
byゲーテ

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

アインシュタイン『一見して人生には何の意味もない。しかし一つの意味もないということはあり得ない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

同じ人物の名言)





↑ PAGE TOP