名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

フランクリン・ルーズベルト 名言/格言

フランクリン・ルーズベルト

 

フランクリン・デラノ・ルーズベルトとは(画像

アメリカ政治家。生誕1882年

 

 

スポンサーリンク

 

フランクリン・ルーズベルトの言葉

 

『我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『退却から前進に転じるのに必要な努力をマヒさせる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならないのだ。』この言葉、親族であるセオドア・ルーズベルトも同じことを言っている。

>>続きを見る

 

『背負う荷物を軽くしてほしいなどと願ってはならない。背負えるだけの強い背中にしてほしいと願いなさい。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

とある歌手の歌詞にはこうある。『背負う覚悟の分だけ、可能性を手にしている。』

>>続きを見る

 

『月を取れ、取り損ねても、星に届く。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

浄土宗の祖、法然もこう言った。『一丈の堀を越えんと思わん人は、一丈五尺を越えんと励むべし。』意味は、幅一丈(約3メートル)の堀を飛び越えようと思うなら、

>>続きを見る

 

『3時間、真剣に考えて、結論を出したら、3年間、真剣に考えても、結論は変らない。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、変わる。『離婚』だ。あれを思い出しただけで一発である。求婚され、3時間真剣に考えた。そして結論を出した。

>>続きを見る

 

『今日という一日は、明日という日の2倍分の値打ちがある。』

 

カテゴリー:時間/運命

ベンジャミン・フランクリンが、ピタリ同じことを言っている。『今日という一日は明日という二日分の値打ちを持っている。』

>>続きを見る

 

『我々は独りで平和に生きることなどできず、我々自身の福利ははるか遠くの国々の福利に左右されるのだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『福利』というのは、幸福や利益ということだ。我々が今、幸福を覚え、平和であることを自覚しても、世界のどこかで不幸を覚え、混沌に陥っている事実がある以上、『平和だ』と言った時点で、自分の視野の範囲の底が知れてしまうのである。

>>続きを見る

 

『保守主義者は、完全な二本の立派な足を持ちながら、歩くことを学ぼうと断じてしない人である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言葉と併せて考えたいのは、アメリカの作家、ヘンリー・ミラーのこの言葉だ。『安全な道を求める人は、痛みを与えることのない義手義足に取り替えるために、自分の手足を切り離す人の様なものである。』

>>続きを見る

 

『票は銃弾より強し。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えばこの問題を、『凡才の集団は孤高の天才に勝る』という考え方を軸に考えてみる。

>>続きを見る

 

『明日を妨げるものは、今日の疑いだけである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『備えあれば憂いなし』。明日の憂いは、今日の備え一つで、無きものとすることが出来る可能性がある。『前始末』だ。『後始末』ではないのだ。

>>続きを見る

 

『退却から前進に転じるのに必要な努力を麻痺させる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

そしてフランクリン・ルーズベルトは、こうも言った。『我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。』グレース・ハンセンはこう言い、

>>続きを見る

 

『運命に人は縛られるのではない。ただ自分の心に縛られているだけなのだ。』

 

カテゴリー:時間/運命

『出来ないもの、到底無理なもの、実現不可能なもの』が存在するのではない。『出来ないもの、到底無理なもの、実現不可能なもの』と判断する自分の心が存在するだけだ。

>>続きを見る

 

『あなたは生命を愛しているか?ならば時間を浪費してはいけない。時間こそが生命を作りあげている材料なのだから。』

 

カテゴリー:時間/運命

ふと木を見た時、それはそれは立派な木がそこにあったとする。しかしその木は最初から、そういう圧倒するような立派な木だったのだろうか。それとも、最初はほんの小さな種子から始まったのだろうか。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP