名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

オリヴァー・ゴールドスミス『私たちは彼の弱点にはそっと触れるようにしないといけません。欠点は美質と表裏一体なので、欠点という雑草を取り除くと長所の根まで抜いてしまうことがあるのです。』

オリヴァー・ゴールドスミス


アイルランド詩人 オリヴァー・ゴールドスミス画像


例えば『あの人は意固地な人だ』と言うが、彼が何かを成し遂げた時には『あの人は意志が固い人だった』と言い換えるだろう。そう考えただけで、あながち他人の中に見え隠れする欠点チックな問題に対し、『欠点だ』と決めてかかるのは、待った方が良い。

 

私などもよく10代の頃は、周囲の人間に、『変わってるね』、『不思議だね』、『何を考えているかわからないね』、『考えすぎだよ』、『神経質なんだよ』、と言われたものであまりにも不当な扱いに、その人の顔も名前も、言われた場所も全て覚えているが、その数年後、私は人生の恩師と言える数人の人間に出会い、彼らとは全く違うことを言われ、生まれて初めて正当に評価されたことに感動し、この世を明るく生きる為の、活路を見出すことが出来た。

 

『君の様な抜群の生徒が昔にもいたが』など、それはそれは高い評価を受けたものだった。しかし、前者の人々は、なぜ『揶揄』、『批判』の方向で評価したのだろう。後者の人々の様に、これらを『長所』だと捉える選択肢もあったはずだ。

 

それから更に数年後、私は日本の世界遺産をすべて取材し、富士登山もして、フルマラソンも毎年応募し、肉体改造も成功させ、ボクシングジムにも通い、会社を立ち上げ、病気の部下とも逃げずに向き合い、『四聖』に数えられる、孔子ソクラテスブッダキリストと向き合い、世の偉人たちと向き合ってこのWebサイトを構築することになるが、この行動は、私が『同調せず』、『常識に囚われず』、『目の前の事実に反応せず』、『たくさん考えて』、『繊細』、でなければ、起こすことがなかった『主体的』な行動だった。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

 

 

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

黄金律

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

黄金律

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

 

 

 

オリヴァー・ゴールドスミス『私たちは彼の弱点にはそっと触れるようにしないといけません。欠点は美質と表裏一体なので、欠点という雑草を取り除くと長所の根まで抜いてしまうことがあるのです。』




↑ PAGE TOP