名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >  >

 

アインシュタイン『精神を大切にするというのなら、それとつながっている身体も大切にしなければなりません。』

アインシュタイン


ドイツ理論物理学者 アインシュタイン

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


何しろ、言う通り『身体』と『精神(心)』は繋がっている。従って、身体に不調が出れば、精神にも乱れが出るし、その逆も然りである。身体の体調を整えることは、心を整えることに繋がり、心を整えることは、身体の体調を整えることに繋がる。

 

『自律神経』とは、意志とは無関係に作用する神経のこと。これを正常に整わせる為には、前述したとおり、身体、精神、この2つが正常に保たれていなければならない。

 

試しに軽んじて見るといい。たちまち『乱れ』に気づき、不調を訴えることになるだろう。

 

キリストの言葉、『シラの書』の超訳として、

『良い顔をしている人間は、心が良いのだ。』

 

という記事を書いたが、心と身体は、繋がっている。この、当たり前だが極めて重要な事実を、今一度立ち止まって再考することは、価値がある。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

31.『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。

心が常に愉快であることは、至極の宝である。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

アインシュタイン『精神を大切にするというのなら、それとつながっている身体も大切にしなければなりません。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

アインシュタイン関連の書籍

 

同じ人物の名言


『あなたがたの人間性を心にとどめ、そして他のことを忘れよ』

 

『我々が進もうとしている道が正しいかどうかを、神は前もっては教えてくれない』

 

『散らかった中から、簡素さを見つけよ』

 

『人間性について絶望してはいけません。なぜなら、わたしたちは人間なのですから』

 

『たとえ国家が要求しようとも、良心に反することはしてはならない』

 

『昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ』

 

『神の前において人は皆、同等に賢く、同等に愚かである』

 

『私は未来のことは決して考えない。未来はすぐにやってくるのだから』

 

『宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教にも欠陥がある』

 

『教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである』

 

『私は毎日、何百回となく自分の精神と肉体がすでに亡くなった人々や、生きている人々の労働によって支えられていることを思い返している』

 

『私は人間関係の変わりやすさを知りました。そして、冷たさや熱さから身を遠ざけることを学びました。そうすれば、温度のバランスがかなりよくとれるので』

 



広告

 

↑ PAGE TOP