Contents|目次

ヴォーヴナルグ『平等は自然の法則ではない。自然はなにひとつ平等なものをつくってはいない。自然の法則は服従と隷属である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『平等、平等』と口を揃えるが、そもそも自然の法則自体が、平等ではないと、ヴォーヴナルグは言う。

『自然はなにひとつ平等ではないじゃないか。例えば食物連鎖だ。その頂点に君臨する動物は何だ。シャチか、熊か、ライオンか、何でもいいが、どちらにせよ、頂点がいるなら、最下層がいることになる。だとしたら、もうその時点で平等ではないじゃないか。弱肉強食じゃないか。』

 

という風に言っている様な印象を受ける。フランスの哲学者、ルソーが書いた著書『人間不平等起源論』の文中にはこうある。

「人間が一人でできる仕事(中略)に専念しているかぎり、人間の本性によって可能なかぎり自由で、健康で、善良で、幸福に生き、(中略)。しかし、一人の人間がほかの人間の助けを必要とし、たった一人のために二人分の蓄えをもつことが有益だと気がつくとすぐに、平等は消え去り、私有が導入され、労働が必要となり、(中略)奴隷状態と悲惨とが芽ばえ、成長するのが見られたのであった」

 

 

つまりルソーは、『人間は元々平等だったが、 その平等さを追い求めた結果、『不自然な不平等』が起きた』と言う。それが『法律』、『政治』、『家族』、『勤労』といった『社会制度』であり、地位や名誉、そして財産による階級の差異、差別化である。金も含めた一切の社会制度は、全て『人為的』であり、決して『自然』ではない。従って、それによって生まれた権利や、自由という概念は、幻想に過ぎない、という考え方をしたのだ。

 

しかし、ヴォーヴナルグ曰く、

 

いや、元々自然の法則自体も、平等ではなかったよ。

ヴォーヴナルグ

 

というのだ。私の意見は、

 

『服従と隷属』とか『平等』とか考えているのは人間だけだ。

 

である。『エネルギー不変の法則』というものがある。この世は、人が死んでも、物が燃えても、形が変わるだけで、エネルギーの総和は変わらないのである。だとすると、がれきも排泄物も、ゴミも石ころも、枯れた花も草木も、全て同じ、『エネルギーの一つ』ということになる。喜んで死に、喜んで命を繋ぐ。それが出来る人間は、『人間』を超越して、この一切の森羅万象という人一つの大きなエネルギーの一部であることを、強く認識することに成功した人間である。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

鈴木修『自分で行動せず、机上でばかり考えている人間はダメ。』 ルドルフ・ジュリアーニ『われわれは自由に生きることを選択する』 シラー『人間はひとりひとり見ると、みんな利口で分別ありげだ。しかし、集団をなせば、たちまち馬鹿が出てくる。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ヴォーヴナルグの名言・格言一覧