Contents|目次

ペギー『二十歳のときに詩人であるものは、詩人ではなく、ただの人間にすぎない。二十歳を過ぎて詩人であれば、そのときかれは詩人である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私がこの言葉を、まだ格言に出会って、感動を覚えたての17歳やそこらでは、理解することは出来なかっただろう。他にも例えば、この言葉の意味を理解することは出来なかった。

 

『レモンを手に入れたら、レモネードを作れ。』

byデール・カーネギー

 

何を言っているのかサッパリだった。

 

(カーネギーって誰?)

 

その程度の思慮にしか内省が発展しない。当時は年上が先輩面して、自分よりも優れた人間のフリをすることが腹が立っていたのだが、いささか、年齢と経験を重ねなければわからないことも、あったようだ。ここでいう『レモン』が、『艱難辛苦(かんなんしんく)』、つまり、『人生で起こるありとあらゆる苦労や試練』だとは想像できなかった。

 

そして、その『レモン』を手にしたら、『酸っぱい』などとそのまま流されるのではなく、いっそのこと『レモネード』にして、そのレモンを飲んでやればいい。そうすればむしろレモンを手に入れたことは『不幸』ではなく、『幸運』なのだ。

 

レモネード

 

この考え方は、今も私の考え方の根底に根付いている。文字通り、この知性が、『知層』となり、地となり肉となり、骨となったのだ。もし強がりではなく、偽りでもなく、本当にこれが出来たのなら、人間は想像を絶するエネルギーを生み出すことが、半永久的に出来る。なぜなら、この世は理不尽だからだ。

 

さて、ペギーの言葉の意味はこうだ。

『思春期には誰もが葛藤をする。それがいかにロマンチックな葛藤だと自負していても、周りの人間も皆、同じ時期に、同じような葛藤を抱いている。本能と自我の乱立。自由と責任との天秤。理想主義(ロマンチスト)と現実主義(リアリスト)の狭間で、大きく揺れ動く。それが、青春時代だ。それについて特に悲観的になる必要は全くなく、逆に、自分が特別だと思い上がる必要も全くない。

 

だが、その時期を過ぎてもまだ葛藤が続くようであれば、もしかしたらあなたは、詩人なのかもしれない。つまり人間が『もれなく通る道』を抜けても、まだその道の延長線上を歩いているというのなら、そこには自分の『主体性』があり、『意志』がある。本能や慣習に流されているのではない。自分の意志で行うその葛藤こそ、自分が真のロマンチスト(詩人)であるということの、証なのかもしれない。』

 

同じ満員電車に乗っても、私のように、その行為自体に『違和感』を覚え、『酔い』に似た居心地の悪さを感じる人間もいれば、その行為自体が『社会人の証だ』と思い込み、『大人の一員』に『酔いしれる』人間もいる。私は決して、何の神かもわからないのに、祈ったり、祈願したりすることはないが、多くの人は皆がやっているから、『イベント的な要素』の意味合いでも、神社にお参りに行く。小学生までは大体が同じだ。授業を受けて、遠足に行って、思う感想など大差はない。

 

だが、このようにして人は成長するにつれ、人生の行動に明らかな『差』が出てくる。その根底にあるのが『意志』であり、つまりペギーの言うように、『意志の無い時期』に抱いた葛藤ではなく、それが過ぎ去った後、『意志』が固まった後にまだその葛藤が続いているのであれば、彼はもともと、詩人だったのである。

 

詩人

 

リチャード・バックは言った。

 

詩人とそうじゃない人との差は、その葛藤を本気でやっているか、いないかの差しかないのである。それがハッキリするのが、『反応的でいればもれなく皆が経験するその時期』を過ぎた、『その後』なのである。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

吉行淳之介『女性の愛というものは、相手に自分をささげることによって完成され、男性の愛は相手から奪うことによって完成される。』 ジード『芸術は拘束より生まれ、闘争に生き、自由に死ぬのであります。』 エピクテトス『与えられたるものを受けよ。与えられたるものを活かせ。』

 

関連する『黄金律

『「一歩」の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、「失敗」ではない。』

『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』