『ヒト』を最適化しよう。

植村直己『旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『いつも前進があるだけだった。失敗したら逃げ道がないと思った。旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。そうしたら自分はもう何をしたらよいかわからなくなる。最初の屈辱の中に戻るだけだ。』

 

しかし植村直己は、その旅の途中で行方不明になって以来、未だ発見されていないのである。イギリスの登山家、ウィンパーは言った。

 

登山における絶対原則は、無理せず途中で引き返すことだ。命あっての物種。身体が資本。生きていればまた何度でもやり直せるのだから、決して、絶対に無理をしてはならない。それだけは、絶対原則として覚えておかなければならない。だが、植村直己はそんなこと、当然のように知っていただろう。そして、この言葉がどんな場面で言われたのかは、定かではないのだ。だとしたら違う見解が出来る。

 

例えば、このたった一度の人生で、ここだと決めて見出した、一本の道。確かに自分の心底が、その道に共鳴したのだ。もう、後戻りはできないし、する必要もない。むしろ、そういう道を歩けたことに、一片の悔いも無い。そういう人間が、最後に取るべき行動は、どういう行動だろうか。そしてその『最後』とは、どんな瞬間なのだろうか。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧