Contents|目次

上島鬼貫『修行の道に限りあらざれば、至りて止まる奥もあらじ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

どんな道でも、『道を究めた』ということはない。それは、道を探究し、探求し、日々鍛錬し、眼光を鋭くした人間ほど、よく知る真理である。

 

国際法の父、グロティウスは言った。

 

あるいは、世界的映画監督、黒澤明は言った。

 

なぜなら彼らは、本当に物事を突き詰めてしまった。だから知ってしまったのだ。人間はどんなに努力しても、永久に埋めることの出来ない『穴』があるということを。彼らの様な一流の矜持を持つ人間は、そこから目を逸らさないだけだ。

 

葛飾北斎はこう言い、

 

あるいはこうも言った。

 

もし自分が何かを見極めたと思うのであれば、それが一流の人間になることを諦めた瞬間だと思った方がいい。その瞬間から腐敗が始まり、転落するだろう。人は一生全知全能にはなれない。一流の人間とは、その決定的な真理から目を逸らすことがない人間のことである。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ファーブル・リュス『人生は我々に期待どおりのものをくれるが、それは意外なところで、意外な方法で、意外な時に行われる。』(その2) ジョン・バリモア『幸せは、開けっ放しにしたのを君が忘れていたドアから、こっそりと入ってくる。』 アナトール・フランス『もし私が神だったら、私は青春を人生の終わりにおいただろう。 』

 

関連する『黄金律

『後始末では遅い。前始末をせよ。』