Contents

井伏鱒二『もう愛してくれなくなった恋人は、電車のなかで人の足を踏んで空嘯いている男のようなものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『もう愛してくれなくなった恋人は、電車のなかで人の足を踏んで空嘯(そらうそぶ)いている男のうなものである。』

 

空嘯くというのは、知らん顔をするとか、そういう意味だ。だとしたら、その通りだろう。そうじゃない方が、逆に未練がましくて潔くない。ストーカー殺人に発展することもある。それを考えると、むしろ自然であり、健全である。だが、『電車の中で人の足を踏んでおいて、知らん顔をする様なヤツ』を見たら、私ははらわたが煮えくり返り、最悪の場合は激昂することになる。常識的に考えれば、感情は理性でもって抑え、平常心を保たなければ社会の秩序は保たれない。

 

しかし、その平常心を失うことが『恋愛』だったのだ。

 

宇野千代は言った。

 

その人との思い出を良きものとしてしまっておきたいからこそ、表層上では、何もなかったことにして人生の残るページを書き埋めたい。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

エレノア・ルーズベルト『自分自身に負けない限り、それは敗北ではないのです。』 サミュエル・ジョンソン『言葉とは、思想の衣装なのだ。』 ジョン・スタインベック『権力が腐敗するのではない。恐れが腐敗するのである。・・・おそらく権力を失う事への恐れが。』

 

関連する『黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

同じ人物の名言一覧