Contents|目次

井伏鱒二『花に嵐のたとえもあるぞ。「さよなら」だけが人生だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

花は綺麗に咲き誇り、そして虚しく散っていく。このこと一つを考えても、この世にある一切の生命の一生は、儚く、虚しいものである。

 

李白は言った。

 

これは、『人生は、夢の様に儚いものだ』という意味。そして織田信長も、

 

と言ったが、かくのごとく、生命の一生はあっけないものなのである。しかし、それをまずの大前提として考えた時、その儚さを、『尊さ』に昇華させることが出来るのが、人間の矜持というものである。

 

ドイツの小説家、トーマス・マンは言った。

 

もし、この一生が儚いものでないのであれば、どうなるか。たとえば、永遠に打ち上げられる花火に、人は本当に心を奪われることがあるだろうか。儚く散り行く運命だから、咲いた花びら、美しい。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

土光敏夫『組織はダイナミック(動的)でなければならない。』 大塚陸穀『愛情なく叱るのはいけない。愛情があるかないかで、厳しい上司かきつい上司かに分かれる。』 相馬愛蔵『機会というものは、いつも初めは、一つの危機として来るか、あるいは一つの負担として現れた。』

 

関連する『黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

同じ人物の名言一覧