『宇野千代の言葉』を自分のものにしよう!

宇野千代とは(画像

日本作家。宇野千代は、大正時代から平成に活躍した日本の小説家です。多才であり、小説以外にも随筆、編集者、着物デザイナーや実業家としての一面も持っていました。1897年11月28日生まれで、1996年(平成8年)6月10日まで生きています。その多才さだけではなく、数多くの著名人との恋愛・結婚遍歴を持ち、波瀾万丈の人生を歩んだ女性としても知られています。そんな彼女が残す名言には、恋愛に関する内容が数多くあります。

「忘れること、それが最上の治療法であり、恋人との愛をつなぐエチケット」、「恋をなさい。好きとは言えないなんて、ケチな根性よ。」などは、多くの女性を勇気づける言葉として人気があります。恋多き人でしたが、そのひとつひとつに全力投球だったことがうかがえます。

メニュー

内省記事一覧