Contents|目次

アラビアの諺『真実の矢を射る時は、その先端を蜜に浸せ。』

考察

真実は、時に目をそむけたくなるようなシビアな内容が充満している。

 

例えば『テロリストに身柄を拘束されて、殺害された被害者』の最期だ。目を背けたい。それは人間の素直な感想である。それを考えてわかる様に、もし、相手に少しの配慮を施したいと思うのであれば、オブラートに包んで真実を伝えることも、必要になるかもしれない。

 

私は包まない方だ。だが、今テロリストのことを書いていて、考えが変わった。意志が固いと自負する私の思慮など、所詮この程度だ。
書きたいように書けるこの記事で、そう、戒めておいた方が、私の為だろう。

 

そしてこれらの真実は自分で言うのはいいが、人から言われるとなると、オブラートに包んで欲しいものだ。全く自分勝手で、未熟な私である。だが、このままで甘んじるつもりはない。生きている限り、努力していくつもりだ。

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

エンニウス『不幸な目に遭わないこと、それは多くの幸福に恵まれることに等しい。』 正岡子規『人の希望は、初め漠然として大きく、後、ようやく小さく確実になるならびなり。』 シラー『持てる者は失うことを知り、幸せは苦しみを知る。』

 

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

『人間が戦うべき相手は外にはいない。「内」にいるのだ。』