『ヒト』を最適化しよう。

IQチャレンジ『倍率』について

最初に結論を乗せておきます。

 

自分の投稿にいいね、RTなどのアクションをしてくれる人達に、何かお礼はできないかな‥

 

投稿にアクションをする義務はないのでクイズをアンケート投票だけで楽しんでもいいのですが、それ以上のアクションをしてくれる人に何かお礼がしたい。ここに記載された『リワードシステム』は、そういう考えから生まれたシステムです。

 

私は無宗教ですが、仏教の開祖、ブッダがこう言っています。

『機会は平等に。処遇は公正に。』

 

同じ条件が与えられている中で、一段階深い応援をしてくれる人が少しでも報われるように、『Win-Winの関係』になれるように生まれた考え方です。

 

『Win-Win』の関係
どちらかだけがWin(勝つ)ではなく、Win-Loseでもなく、両方が勝つ。両方にとってメリットがある関係性。

 

IQチャレンジのリワード(報酬)の『倍率』

目指せ毎週10万円分!IQクイズ:シーズン2『リワードシステム』と『IQチャレンジ』

 

ここでは、上記のページで説明したリワード(報酬)の倍率についてご紹介します。

 

1 個人ボーナス PB Personal
2 アカウントボーナス AB Account
3 クイズボーナス QB Quiz
4 ドリバトボーナス DB Dreambattle
5 推しボーナス LB Love
6 投票ボーナス VB Voting
7 Thanksボーナス TB Thanks

 

上から順に、どんなボーナスなのかまずは表で簡潔に見ていきましょう。

 

ボーナスの簡単な説明

1 個人ボーナス PB 大会1~3位が貰えるボーナス
2 アカウントボーナス AB 参加者じゃない人も自動で貰えるボーナス
3 クイズボーナス QB 積極的にRTすると貰えるボーナス
4 ドリバトボーナス DB 積極的にRTすると貰えるボーナス
5 推しボーナス LB 推しを登録すると貰えるかもしれないボーナス
6 投票ボーナス VB 全員の積極性が上がれば貰えるボーナス
7 Thanksボーナス TB システム構築前に応援してくれた人に感謝するボーナス

 

こういうことですね!高い賞金を得るためには、太文字のボーナスを獲得する必要があります。その為には皆様のご協力とご理解が必要です。運営者の私も盛り上げる為に尽力しますので、皆様もぜひ積極的にRT、告知などをして盛り上げてください!では、更なる詳細を確認するために、下に閉じてあるテキストを開き、一つずつ確認しましょう。

 

MEMO
大会は既に第3回まで終わっています。以下は優勝者の声です。

 

優勝者の声(IQチャレンジ)

 

個人ボーナス(PB)

 

まず『個人ボーナス(PB)』は、以下のとおり、大会で1~3位になった人は、次回優勝したときの懸賞金がこの倍率になります。

 

個人ボーナス
1位 1.3倍 *
2位 1.2倍 *
3位 1.1倍 *

 

例)2000円×1.3=2,600円

 

尚、連続優勝はできず、一回休みになりますが、参加してコードを得なければ次の大会で不利になります。通常通りメールをし、もし1位になった場合でもノーカウントですが、実際にはこのPBが次回の賞金に計算されます。つまり、常に1位を獲ることは、常に有利になるのです。

 

アカウントボーナス(AB)

 

アカウントボーナス(AB)』は、以下のとおり、大会で優勝した人のアカウントの人全員が、次回優勝したときの懸賞金がこの倍率になります。

 

アカウントボーナス
1位 1.2倍 *

 

例)ワンピースユーザーが優勝した場合

ワンピースユーザー全員が次回優勝時 2000円×1.2=2,400円

 

クイズボーナス(QB)

 

クイズボーナス(QB)』は、週に2回ツイッターで行われる『ボーナスクイズ』に正解した人が得られるポイントです。私に利益があるのは、

 

  1. リツイート
  2. いいね
  3. 投票

 

の順番で、一番がリツイート。しかし、私の全ての投稿をリツイートすると皆さんのタイムラインが汚れてしまいます。そこで、週に1回『ボーナスクイズ』というものを出しますので、その投稿をいいねとRTで1ptつけさせていただきます。

 

注意
IQチャレンジの維持も、懸賞金の増加も、皆様の告知があり、アカウントの拡大があってこそのもの。ここが最も重要な部分です。

 

ボーナスクイズへのアクション

いいね 0pt
いいね&RT(リツイート) 1pt

 

こうしたボーナスクイズが年に約50回ありますから、そのポイントにつき、以下のような倍率になるわけです。次回優勝したときの懸賞金がこの倍率になります。

 

クイズボーナス
3~15点 1.2倍 *
15~25点 1.5倍 *
25~35点 1.75倍 *
35~49点 2.0倍 *
50点(かつRT数が20%を超えていること) 3.0倍 *

 

RT(広告)があっての運営であり懸賞金です。ですから、3倍のボーナスとなると、RT数がフォロワー全体の20%を超えていなければなりません。1000人いる場合は、200のRTですね。これだけの数字が出ていれば、3倍のボーナスを出してもこちらに利益があると言えそうです。

 

MEMO
50点取るには、すべてをいいね、RTする必要があるということ。

 

例)大会時に25点取っていた場合

2000円×1.5=3,000円

 

例)大会時に50点取っていて、かつRT数がフォロワー全体の20%を超えている場合

2000円×3.0=6,000円

 

このポイントのリセットは、50問出したところで行います。そしてそのすぐ後に大会を開き、その後にリセットする形です。もし50問行われない場合は調整があります。

 

 

ドリバトボーナス(DB)

 

以下の『ドリバトボーナス(DB)』も同じです。『ドリームバトル』という5つのアカウントにあるバトルの予想を立ててもらいます。

 

ドリームバトル
ワンピース どちらのキャラが強いか
ジブリ どちらが名シーンか
映画 どちらの映画がより名作か
食事 どちらの料理が最高か
歴史 どちらの偉人がより偉人か

 

例えば以下の画像は私が描いたワンピースのイラストで『エースVSサボ』という、強いキャラクター同士の夢の対決です。彼らは義兄弟で、エースは死んでしまったので彼らが戦うことは原作ではありません。しかし、『もし彼らが戦ったらどっちが勝つか』という妄想として、このドリームバトルを予想してもらいます。

 

 

これが5つのアカウントで上の表にある形でTwitterで毎日バトルが行われます。そして『クイズボーナス』同様の方法で、ポイントがついていきます。週に1回『ボーナスクイズ』というものを出しますので、その投稿をいいねとRTで1ptつけさせていただきます。

 

注意
IQチャレンジの維持も、懸賞金の増加も、皆様の告知があり、アカウントの拡大があってこそのもの。ここが最も重要な部分です。

 

注意
IQチャレンジの維持も、懸賞金の増加も、皆様の告知があり、アカウントの拡大があってこそのもの。ここが最も重要な部分です。

 

ボーナスクイズへのアクション

いいね 0pt
いいね&RT(リツイート) 1pt

 

こうしたボーナスクイズが年に約50回ありますから、そのポイントにつき、以下のような倍率になるわけです。次回優勝したときの懸賞金がこの倍率になります。

 

クイズボーナス
3~15点 1.2倍 *
15~25点 1.5倍 *
25~35点 1.75倍 *
35~49点 2.0倍 *
50点(かつRT数が20%を超えていること) 3.0倍 *

 

RT(広告)があっての運営であり懸賞金です。ですから、3倍のボーナスとなると、RT数がフォロワー全体の20%を超えていなければなりません。1000人いる場合は、200のRTですね。これだけの数字が出ていれば、3倍のボーナスを出してもこちらに利益があると言えそうです。

 

MEMO
50点取るには、すべてをいいね、RTする必要があるということ。

 

例)大会時に25点取っていた場合

2000円×1.5=3,000円

 

例)大会時に50点取っていて、かつRT数がフォロワー全体の20%を超えている場合

2000円×3.0=6,000円

 

このポイントのリセットは、50問出したところで行います。そしてそのすぐ後に大会を開き、その後にリセットする形です。もし50問行われない場合は調整があります。

 

ドリバトの進捗状況は以下のページで。

 

・ワンピース

Dream Battle(ONE PIECE)

・ジブリ

Dream Battle(ghibli)

・映画

Dream Battle(MOVIE)

・フード

Dream Battle(food)

 

推しボーナス(LB)

 

MEMO
自分の推し(キャラ、映画、フード、偉人、シーン)はDM等で自主的にお伝えください。こちらで把握されたものだけがボーナスがカウントされます。

 

推しボーナス(LB)』は、完全にラッキーボーナスです。その5つのアカウントで、ドリバトに出てくる対象の『推し』を報告してもらいます。例えばジブリで言えばドリバトは名シーンですから、『さつきがトトロに抱きつくシーン』が自分の推しなシーンだとしましょう。それらはこちらで表にまとめ、バトルで人気ランキングにするわけです。

 

そしてそのシーンがドリバトによって123位を獲得したとします。その場合、私が持っているルーレットアプリで以下のように出ればポイントを獲得します。

 

 

ルーレットの都合上、以下の2つのルーレット2回行う必要があります。

 

使用するルーレット

  1. サイコロルーレット(最大6まで)
  2. 数字ルーレット(最大50まで)

 

50×6で、300。一応ドリバトは300人(シーン、作品等)で戦う形なので、自分の好きな作品やキャラ、シーンは、1~300位に落ち着くことになります。しかし、例えばドラゴンボールで言えば『孫悟空』のように、誰が一番強いかで考えると、上位キャラが大体決まってしまいますよね。

 

そこでこうしたルーレットを取り入れることにより、自分の推しが100位であっても、200位であっても、ルーレットで当たればポイントが付くわけです。上の例の場合、

 

  1. サイコロ=3
  2. 数字=23

 

が出ています。ルーレットの都合上最大の数字が50までしかないので、51は、『サイコロ2、数字1』という数え方になります。61は『サイコロ2、数字11』ですね。50をオーバーしたら次のサイコロの段数が上がるわけです。以下のような計算で、数字を割り振っていきます。

 

一度目のサイコロルーレットで‥ 以下の順位に絞られる
『1』が出た場合 1~50
『2』が出た場合 51~100
『3』が出た場合 101~150
『4』が出た場合 151~200
『5』が出た場合 201~250
『6』が出た場合 251~300

 

自分の推しが‥ サイコロ 数字
20』の場合 『1』が出て、 『20』が出れば当たり
70』の場合 『2』が出て、 『20』が出れば当たり
123』の場合 『3』が出て、 『23』が出れば当たり
150』の場合 『3』が出て、 『50』が出れば当たり
250』の場合 『5』が出て、 『50』が出れば当たり
299』の場合 『6』が出て、 『49』が出れば当たり

 

ですから、123位に推しが来ている場合は、『サイコロ3、数字23』が出れば当たりということですね。このルーレットは私がアプリによって当日IQチャレンジの前に行います。自分の推しが当たった場合は優勝したいというモチベーションも上がりますね!このアプリの画像をアップするのはinfo.アカウントなので、必ずそのアカウントをフォローしておいてください。

 

例)一つ目の『サイコロルーレット』で『4』が出る。

 

『4』だ!ってことはもう『151~200』の50個に絞られたぞ、べらぼうめ!
わぁ!あちきの推しは『157』位だから、次の『数字ルーレット』で『7』が来れば当たりでやんす!

 

このシステムを搭載することによって、投票はガチで行い真の一番を決められるし、自分の推しは推しで、ルーレットによるボーナスがあるという2つの願いをかなえることができます。

 

推しボーナス
ルーレットで推しが来たら1.5倍

 

例)ルーレットで推しがピタリ賞だった場合

2000円×1.5=3,000円

 

 

ドリバトの進捗状況は以下のページで。

 

・ワンピース

Dream Battle(ONE PIECE)

・ジブリ

Dream Battle(ghibli)

・映画

Dream Battle(MOVIE)

・フード

Dream Battle(food)

 

 

投票ボーナス(VB)

 

また、『投票ボーナス(VB)』は、Twitterにおけるクイズの投票率の倍率です。ドリバト、クイズを両方計算します。日頃のその2つの投票のアベレージ(平均)次第で、そのアカウントの方が優勝した時の倍率が変わります。

 

投票ボーナス
10% 1.1倍 *
20% 1.2倍 *
30% 1.3倍 *
40% 1.4倍 *
50% 1.5倍 *
60% 1.6倍 *
70% 1.7倍 *
80% 1.8倍 *
90% 1.9倍 *
100% 2.0倍 *

 

例)フォロワー様1,000人のアカウントで、クイズだけでアベレージ100人の投票があった場合。そのアカウントの方が優勝したら、

2000円×1.1=2,400円

 

例)フォロワー様1,000人のアカウントで、クイズでアベレージ100人、ドリバトでアベレージ100人の投票があった場合。そのアカウントの方が優勝したら、

2000円×1.1×1.1=2,420円

 

例)フォロワー様1,000人のアカウントで、クイズでアベレージ1000人、ドリバトでアベレージ1000人の投票があった場合。そのアカウントの方が優勝したら、

2000円×2.0×2.0=8,000円

 

 

『Thanksボーナス(TB)』

 

『Thanksボーナス(TB)』は、特定の方へのお礼として個人的に用意したボーナスです。この報酬システムを導入する前に、報酬目的ではなく私に敬意を払ってくれた方はTwitterの『リスト』に登録させていただいていました。 『大切なフォロワー様』に登録されている数十名の方は、今後永久に倍率を1.1倍とさせていただきます。今まで本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

 

例)『大切なフォロワー様』に登録されている数十名の方限定

2000円×1.1=2,200円

 

 

 

以上が7つのボーナスの詳細になります。そしてもちろんこれは合わせ技あり。例えば、ワンピースユーザーが以下の条件で優勝した時の例を計算してみましょう。

 

  1. 前回もワンピースユーザーが優勝した
  2. 週に1回のボーナスクイズで150点獲得した
  3. 週に1回のドリバトで150点獲得した
  4. アカウントのクイズ投票率のアベレージが20%だった
  5. アカウントのドリバト投票率のアベレージが20%だった

 

すると計算はこうなります。

 

2000×AB1.2×QB1.5×DB1.5×VB1.2×VB1.2=7,776円

 

この場合のその方の『Amazonギフト券』の金額は、7,776となります(この場合、概算して7,800円となります)。また、投票数というのは意外と10%も超えないものですから、ヘビーユーザーだけが積極的に参加した例を考えると、

 

  1. 前回もワンピースユーザーが優勝した
  2. 週に1回のボーナスクイズで300点獲得した
  3. 週に1回のドリバトで300点獲得した
  4. しかしクイズ、ドリバト両者とも投票率が20%以下だった
  5. アカウントのクイズ投票率のアベレージが10%以下だった
  6. アカウントのドリバト投票率のアベレージが10%以下だった

 

こうした数字が現実的になります。すると計算はこうなります。

 

2000×AB1.2×QB2.0×DB2.0=9,600円

 

更に、ヘビーユーザーの方はリスインメンバーであったり、前大会参加者である可能性もあるので、それを計算すると、

 

2000×PB1.2×AB1.2×QB2.0×DB2.0×TB1.1=12,672円

 

ヘビーユーザーのみが積極的に参加した場合は、『Amazonギフト券』の金額は、9,600~12,700円。このあたりが賞金額となります。ただし、賞金が1万円を超える場合は、そのアカウントのRT率が20%を超えている必要があります。該当しない場合は1万円が最大。12,700円だった場合は、1万円が賞金となります。

 

『Win-Win』の関係
RT広告があっての運営であり懸賞金であるということをご確認いただき、積極的にアカウントを盛り上げてください!

 

尚この倍率の計算は色々とデータが集まる第二回IQチャレンジ以降となります。新情報、倍率、ドリームバトル進捗などの一切の情報に関してはinfo.アカウントにて。

 

こうしたリワードシステムがあれば、毎日の投票やクイズという『ちょっとした労働』が報われる!

 

そんな風に考えていただければ本望です。私の利益は私が何とかしますので、心配しないでください。どうしても利益が得られなかったら中止すればいいだけですからね。

 

 

1万円以上の懸賞金について

賞金が10万円になってから参加する人と、最初から盛り上げてくれる人は差別化しなければなりません。よって、より大きな賞金を得るための条件を用意します。

 

賞金 条件
1万円以上 大会に1回以上参加、累計投稿RT回数が100回以上
2万円以上 大会に2回以上参加、累計投稿RT回数が200回以上
3万円以上 大会に3回以上参加、累計投稿RT回数が300回以上
4万円以上 大会に4回以上参加、累計投稿RT回数が400回以上
5万円以上 大会に5回以上参加、累計投稿RT回数が500回以上
6万円以上 大会に6回以上参加、累計投稿RT回数が600回以上
7万円以上 大会に7回以上参加、累計投稿RT回数が700回以上
8万円以上 大会に8回以上参加、累計投稿RT回数が800回以上
9万円以上 大会に9回以上参加、累計投稿RT回数が900回以上
10万円以上 大会に10回以上参加、累計投稿RT回数が1,000回以上

 

この『参加』というのは、指定のGmailに大会コードを送った人だけがカウントされます。これで、賞金が上がってすぐに参加した人が絶対に大きな利益を得られず、しかし努力していただければいずれは得られて、早くから盛り上げてくれた人が有利になる。すべての人が『Win』となり、公平性が保たれますね!

 

注意
1~3の大会は『ボーナス』でしたので、その3つに参加した方のカウントは『1回分』となります。

 

 

法律に関しては以下のサイトをお読みいただければ問題ないことが分かります。

 

参考 ウェブサイトやSNSを用いた景品提供施策を実施するうえでの留意点BUSINESS LAWYERS 参考 ZOZO前澤氏の「100人に100万」プレゼント、「法の網」にひっかからない巧みさLIVEDOOR NEWS

 

『景品』に該当しないようにするにはどうすればいいか。『ツイッターアカウントをフォローしたうえで特定のツイートをリツイートした方に、抽選でハワイ旅行券をプレゼントする』などのやり方は法律に違反しないのかなど、わかりやすく説明しています。私の場合もあくまでも自分のポケットマネーから報酬を出すので問題ありません。

 

MEMO
賭博』にも該当しません。ユーザーはお金を1円も払うことなく、ただ私がいくらポケットマネーを出すかということを決めるゲームをするだけです。

 

では、『ワンピース』や『ジブリ』などの著作物を使ってクイズやゲームを展開することはどうでしょうか。この場合も、これらを使って違法にSNS上に著作物をアップすることはしておらず、すべて『自分で描いたイラスト』などを使用しています。こういうことがだめなら、『PIXIV』などのイラスト系SNSは著作権違反で終わりですし、youtubeでも、youtuberが『ワンピース考察』などとして、その著作物の力を使って人を集め、広告収入やチャンネル登録者の獲得をしているため、それら全てのことを取り締まらなければなりません。

 

また、アニメや漫画のアカウントでフォロワーを増やせばそれは間接的に利益に繋がる。だとするとそれらのTwitterやインスタグラムなどのアカウント自体がNGとなります。プロフィールにキャラクターの著作物を使用している人があまりにも多く見受けられますが、そういう人たちもすべてNG扱いとする必要があります。

 

映画のアカウントでほとんどの人がやっている『タレントや映画の画像を投稿する』行為ですが、それはリツイートですらも法的には認められていません。ポスターでさえもです。しかしそれを見て見ぬふりして皆は画像を『使いたい』。投稿が華やかになってメリットがあるからです。ですから、この問題を考える際は、私個人ももちろんですが、私が改めるのであればそうした行為に抵触する全員に、一人残らずこの問題を考えていただく所存です。

 

しかしもちろんこれはこちらサイドの勝手な言い分であり詭弁で、著作者がNGと言えばダメ。それは受け入れなければなりません。こちらとしてはこれらのイラストやゲームにお金を払ってもらったりすることなどはもってのほかで、なるべく直接の利益を得ないこと。そして景品は必ずそのアニメのものとし、相手にマージンが入るようにすることを心掛けます。

 

MEMO
景品のAmazonカードで買ってもらうものはすべて『ジブリ、映画、ワンピース、食事、歴史、健康、美容』の7つのジャンルのみとなっています。

 

10万円以上の賞金

 

法律によって、10万円以上の支払いをする場合はハードルが変わってくるようです。随時報告いたします。