『ヒト』を最適化しよう。

稲盛和夫『バカな奴は単純なことを複雑に考える。普通の奴は複雑なことを複雑に考える。賢い奴は複雑なことを単純に考える。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

馬鹿な奴は、『四の五の言わずにやれ』と言われたとき、『四の五の言ってしまう』。あるいは、思ってしまう。

 

普通の奴は、『四の五の言わずにやれ』という言葉の背景を分析して、過度に期待し、自分を過信し、勝手に自滅する。

 

賢い奴は、『四の五の言わずにやれ』という言葉の意味を、『どうせ死ぬんだしそうしよう』と極端な結論に辿り着く。

 

ドイツ帝国初代宰相、オットー・フォン・ビスマルクは言う。

 

やったって出来ないものは出来ない。死ぬときは死ぬ。だが、やらなければ何も始まらないのだ。

 

『バカな奴は単純なことを複雑に考える。普通の奴は複雑なことを複雑に考える。賢い奴は複雑なことを単純に考える。』

 

また、稲森和夫のこの言葉は、こういう角度からも解釈できる。アインシュタインは言った。

 

例えば相対性理論を説明するとき、『結局相手に相対性理論の実態を理解させない』で自分だけ理解して満足している人がいるが、その人はただの馬鹿である。『馬鹿だから理解させることができない』のだ。アインシュタインもそういっているのである。

 

理解

 

『賢い奴は複雑なことを単純に考える』ことができるのだから、自分の中の濾過装置で濾過し、簡易化して表面化し、相手に伝えることができるはずだ。例えば、存命中は知らない人がいなかったとされるアメリカの天才、バックミンスター・フラーの著書、『クリティカル・パス』にはこうある。

生まれついての専門家という者はいない。どんな子供でも幅広い興味をもって生まれ、もっとも包括的で理にかなった適切な質問をする。暖炉で燃える薪を指さしながら、ある子供が私に質問した。『火ってなあに。』私は答えた。

 

『火というものはね、薪となった樹木から解き放たれた太陽なんだよ。自転する惑星地球に太陽の炎の熱の放射が届くにつれて、樹木も回転していく。光合成によって、樹木の緑色の芽や葉は、太陽の放射する光や熱を炭水化物の分子へと転換する。その分子は樹木の外側の緑色をした形成層の細胞の内で構成される。樹木とは、回転させると円錐を形成する四面体なのだよ。樹木の四面体状に延びる三本の根は地中に拡がって木をしっかりと固定し、水分を得る。毎年、外側に新しい層ができる緑色をした樹木の円錐体は、365回転する。そして毎年、樹木は新しい淡い緑色の細胞の円錐体層を、樹皮のすぐ内側、前年までの蓄積された円錐体層の外側に育てる。のこぎりでひかれた薪にあるたくさんの年輪の、それぞれの輪はその年の太陽エネルギーの蓄えなんだ。だから火とは、長年にわたって閉じ込められた太陽の炎がやっと樹木から解き放たれたものだ。薪の火がパチパチとはぜるとき、それははるか昔のある日、さんさんと降り注いだ日光を急いで放出しているのだよ。』

 

型にはまった教育を受けた大人は、こんな質問に答える方法をほとんど知らない。彼らはあまりにも専門家されすぎているのである。

 

火

 

その質問をしたのは子供だ。子供に対してその説明でいいわけがないだろう。彼らは一見すると専門知識を知っているからして賢い。だが、アインシュタインはそうは考えなかったようだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『簡潔、単純、シンプルが知性だ。』

同じ人物の名言一覧

稲盛和夫の名言・格言一覧